2007年11月30日

11/29

・いやあ、物事はなんでも考え方次第でっせ。
 いやね、さっきまでちょいとだけFFやってたんですけどね、
 むっちゃムカツクことがありましてねぇ!
 いやあ、UchinoLSはいい人ばっかだから、
 そのぬるま湯に慣れてると、
 たまに見知らぬ人からムカツク行為されますと
 ホンマむかつきますな!
 このままだとほんと暴言吐いて晒されると思ったので、
 シャットダウンしちまいましたよ。
 しかし!
 だからこそキリのいいところで止めることができた、
 とも考えられる!
 たとえば予定より1時間早く終わったなら、
 そう人生の時間を1時間有意義に使えるのだ!
 たとえばくだらないblogを更新したり……して……
 うわーん。
 今日は念願の照明器具買っちゃいました。
 いや、フツーのシーリングライトなんですけど。
 僕の部屋はウチがタバコ屋やってた頃の店舗部分を
 改造したものでして、
 店舗の時使ってた照明が2つ、
 そのままついてたんです。
 片方はもうだいぶ前に取り替えたんですけど、
 もう片方の直管40型を2本使う大きな照明が、
 これがもう何十年選手?ってヤツで、
 安定器がダメになっててじーじー音鳴らすんです。
 そこまでくると不快を通り越して危険です。
 しかし当然直づけでして、
 取り替えるとなると工事が必要で、
 それがおっくうで……
 ふと思い立ったのはなぜかといえば、
 最近、結構、昼間活動してましてね。
 あたりまえなんですけど。
 昼間はですね、外が明るいんです。
 あたりまえなんですけど。
 そんな時に、部屋が暗いと、
 ちょっとくら〜い気持ちになるんですよ。
 これ不思議なもんで。
 同じ明るさでも、
 夜だと明るく感じてたものが、
 昼だと相対的に暗く感じるのです。
 やっぱり、昼間でもカラッと明るくいきたい。
 夜明るすぎれば片方消したりすればいいわけですしね。
 あと、気持ちの持ち方もだいぶ変わってきました。
 以前は、薄暗い中、画面に集中して、
 「うをー」
 ってやるのが好きというか、
 そうやるのが一番だ、と思ってたんですけど、
 最近もうちょっといい加減になりまして、
 まあ明るくても騒々しくてもいいか、とか。
 机の上なんかもノートPC置いてあるだけ、
 ってとこまでサッパリさせるのが常だったんですが、
 今もごちゃごちゃです。
 資料やメモだけならいいんですけど、
 お茶と珈琲でカップが2個あったり、
 iPodのケーブルが這ってたり、
 シャーペンボールペンそして耳かきが並んでいたり。
 人間焦ってる時は耳かきで字を書こうとしますな。
 とどのつまりが、
 「ごくごく当たり前のところ」
 に回帰していこうとしています。
 それがいちばん。
 工事は月曜なんですけど、楽しみです。
posted by ながたさん at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

本「癒す心、治す力」アンドルー・ワイル



昨日のようなことを言い出しましたのは、
こんな本を読んだからでして。
まあ目新しいことは特にないのですが、
つまりは
「治すのは自分だ、ってことを
 思い出すんだみんな!」
という本なのですが、さすがアメリカ人、
左右にも上下にも横断的なことをやらせると
巧いですなぁ。
これ一冊で心構えから実践まで。
著者がハーバード出の医師というのも、
この本の本旨とは若干矛盾してますが
正直な話、大事な点です。
そこらのオッサンが書いてるもんじゃない。
これ初版95年だそうですが、
そこから比べてもずいぶんと人の意識も変化したものです。
僕が高校生ぐらいの頃……80年代後半ですが、
に、この本に載ってるようなこと言ったら狂人扱いされた。
いや、されました。
わたくしが。
実際に。
悔しさも虚しさも全部覚えてます。
ちゃんと合理的に言ってたんですよ、
私科学も大好きアポロの子ですから、
しかしそれでもカバーできない領域があって、
そこに効くかもしれないなにかが、
昔からあったり使われてたり、
あるいは隠されていたりするんだ、
そう。
それでも嗤われた。
顔をしかめて眉毛を段違いにしてね。
今だってそういう反応する人多いと思います。
それでも、「いや待てよ」っていう人も
ずいぶん増えました。
いいことですよ。

もうちょっと普遍化して言うと、
「できへんことがある」
ってことを認めないと、
できるようにはならんのです。
できへんことを責めてるわけじゃない。
それは恥でもない。
でも、できへんって認めないと、
前へ進まないじゃないですか。
「できるようになろう!」
「できるようにしたい!」
意志や気迫や挑戦心のタネは、
「できへん」
っていう現状認識です。

まあなんかそんな感じ。
サプリメントも偏見持たず覗いてみよかしら、
とドラッグストア眺めてましたら、
なんであのアスパルテームとか余計なもん
入れるのかね。
もちろん飲みやすくするためでしょうけど、
抜本的に本末転倒のような気がする。

まあ、それよりなにより、
この本にもありますように、
健康って気持ちの持ちようが一番でかくて、
人生or生活がうまく行ってるときは、
なんとなく安定してるんですよね。
なによりもそこんところを、
自分にフィットさせるように
状況を変えていく、
のが、健康にとって一番いいことなのだろう、
と思います。
僕も風邪はよく引きますけど、
いまんとこわりとのほほんと生きさせて貰ってますので、
(もうちょっと焦れって話もある)
でかい病気は無いです……
とか言っててふらっと検診受けたりしたら
不治の病が見つかったりして。
まあ、それはそれでオモロイのではないか、
と思ってもみたり。
正岡子規より長く生きてしまったので、
もう、いいです。
posted by ながたさん at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月29日

11/28

・さすがに風邪がずるずると辛いので
 ドーピングしてみた。
 味の素「アミノバイタル」とDHCのビタミンCを
 買ってきて飲む。
 なんか効いてる気がする!
 ホンマか。
 まあアミノ酸とビタミンCなら副作用もなさそうだし……
 今その、味の素から出てる「グリナ」って商品、
http://www.ajinomoto-ff.com/glyna/index.asp?l56-a
 これがグリシンっていう必須アミノ酸そのものなんですけど、
 これがですね、えらい不眠に効くらしいですよ。
 不眠というか、睡眠の質を改善するんですって。
 だから眠れる人が飲んでも朝スッキリ、だそうです。
 しかしこれが高い!
 絶対の自信があるからか直販オンリーで、
 1回分200円もするの!
 また今度ストレスが貯まってきたら試してみます。
 まあできればそんなのに頼らずに
 自然に過ごしたいものですが、
 そもそも普段の生活からして、
 自然とは掛け離れた生活をしてるわけでして、
 高カロリー食摂ってね、
 不自然な姿勢で電磁波浴びまくってね、
 その分は補ってもいいのかなあ、
 と思うようになってきました。
 徳川家康だって自分で調合した強壮剤飲んで
 頑張ってたらしいし。
 エネルギーを、出さない、って意識するよりも、
 出した分稼ぐ、という意識の方が、
 健全な気がしてきた。
 一番たいせつなのは、
 「ムリをしない」
 ってことじゃないかな、と思うんです。
 すぐおくすりに頼るのも「ムリ」なら、
 おくすりには絶対頼らない!っていうのも「ムリ」。
 ビタミンC程度だったら、
 ショウガ料理食べるのとあんま変わらんじゃん、
 てな感じで……
 身体が欲することをやり、
 欲していないことをしない。
 のが、一番だと思います。
 ハラが減ったな〜、と思ったらすこし食べて、
 減ってなければ、ムリに食べず。
 あと気持ちの持ち方として、
 ビタミンCを飲んだから治る!
 じゃなくて、
 身体が治るのをビタミンCでアシスト!
 って思った方がいい、んでしょうねきっと。
 まあ、ぼちぼち、ゆっくり、
 いきたいです。
posted by ながたさん at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月28日

11/27

・こないだカーテン買いましてね。
 ホームセンターで3000円の安物を。
 一度洗っても折りじわが消えないんです。
 しょうがないのでアイロンを掛けてみました。
 アイロン掛けもたま〜にすると楽しいですよね。
 魔法のように皺がなくなってつるっ、
 とするところなんか。
 でも、ダメでした。
 要するに三方のヘリを折り返して縫ってるわけですが、
 そこの精度が異常に低いので、
 (薄く柄が入ってるのですが、
  その柄と平行さえとれてない)
 どうしてもその近辺行くとグデグデになるんです。
 「あぁ安物は安物だ」
 と痛感しました。
 皺ひとつ、伸びないんです。
 別の窓には、まあ普通に1万円クラスの普通のカーテンが
 掛かっているのですが、
 これなんか何度洗っても皺など寄りようもない。
 だから、こんなもんだろう、と思ってたんです。
 あにはからんや。
 いやあ、当たり前だと思ってるところにも、
 素材と技術が使われているんですなあ。
 最近は偽装がよく発覚してますけど、
 やっぱり、なにかが、
 「一週間で生産から手に届いて消費される」
 なんていうことに慣れてますと、
 それが当たり前だと思ってしまいますが、
 それは実は全然当たり前ではなくて、
 多くと力とシステムに寄って、
 ようやく辿り着いてるものです。
 電車が時間どおり来ることとか。
 日本ほど電車が時刻表どおり来る国は
 世界中探したってありませんからね。
 それが、忘れられるぐらい当たり前である、
 ということは、極めてありがたいことなんですけど、
 でも、忘れると、そこに対して敬意と感謝を忘れますと、
 「回らないなら嘘ついちまえ、どうせバレねぇ」
 ってことになってしまいますねぇ。
 だから、これからは送り手側も、
 エエカッコせずに、
 「このぐらいのものをこんな感じでお届けするのが、
  精一杯です」
 とハッキリ言っていいと思うのです。
 それで要らないって言われたら、
 しょうがないじゃないですか。
 だって、そこまでしかできないんだもん。
 自分を大きく見せようとするものを評価しない、
 というか、
 少なくともその天ぷらの衣みたいなところは
 天ぷらの衣だ、って意識することかなあ。
 もちろん天ぷらは衣もあって天ぷらなんですけど。
 それが成熟ってヤツじゃないでしょうかね。
 まあ、そんなことを安物のカーテン買って
 泣いてる私が言っても、説得力無いんですけどね。

・イングランド代表の監督が決まらないのですが
 モウリーニョもカペッロもリッピも空いてて、
 ファン・ハールあたりもやりたくてしょうがなさそうで、
 なにを迷ってるんですか(笑)
 日本をご覧なさい。
 「岡ちゃんかなぁ……」
 とか言ってんですよ!?
 いや僕岡田監督は比較的好きですけどね。
 現実的だから。
 あと関西人やし。天高ですよ天高。かしこい。
 クソ真面目なくせに、時間にはルーズらしいですよ。
 この辺も可愛いですね。
 でもほんっとプライドって、
 目的のためには邪魔なだけですな。
 あんた達ここ数十年なにもできてないじゃない。
 セネガルでさえW杯ベスト4、
 ギリシャがユーロを奪るご時世に。
 なにが伝統ですかなにが母国ですか。
 まあ、もちろん、スポーツってものは、
 結果だけではなくて、そのへんのモヤモヤとしたもの、
 そこをも楽しむものですけどね。
 実際、今こうやってモキモキして楽しんでるわけで(笑)
 ただ、プライドっていう劇薬は、
 良い方に作用することもあれば、
 悪い方に作用することもある、
 ってことで。
 今日夜中アーセナル戦ありますよ。
 非常にスピーディなパスサッカーをやってるそうで、
 楽しみです。
posted by ながたさん at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月27日

11/26

・また風邪引いてしまいましてねぇ……
 今読んでる本に「イメージ療法」のおもしろいことが
 書いてありました。
 イメージ療法というのは、
 たとえばガンが見つかったとすると、
 そのガンをレーザー砲で焼き切ってるようなイメージ、
 を想像することで、体内の自然治癒力を刺激し高め、
 病に対抗していく療法のことです。
 で、よく考えれば当然のことなんですけど、
 そのイメージ自体がですね、
 人による、らしいんです。
 つまり、レーザー砲みたいな激しいイメージが合う人と、
 もっと優しい、たとえばナウシカが醜い虫を
 腐海へ返すような、そんなイメージで効果が出る人と、
 いろいろある。
 大切なのは、自分に合った、
 簡単に言えば「自分が盛り上がる」イメージを
 抱くこと、のようです。
 風邪と言えばウィルスですな。
 ビールスとも言います。
 このビールス達をですね、
 妖精のような美少女達と考えてはどうでしょう。
 ビールスとビーナス、似てるじゃないですか。
 もちろんまっぱ、でございますよ。
 小さく可憐で個性豊かな彼女たちがですね、
 私の身体の中でオイタをしていると。
 「あはは、やめろよボクのフェアリー、
  足の指なんか舐めちゃダメだってば」
 どうですこれ。
 垂れろ鼻水、ってぐらい素敵なイメージでしょ?
 まそんなこといつまでもやってると
 社会復帰できませんから、
 治す場合はですね、自らも、そのイメージの世界に
 飛び込むわけです。
 もちろん全裸で。
 あ、Dr.であることをイメージして
 白衣だけ羽織るのがいいかな。
 そして妖精達にきついお注射を……
 自分で言うてて熱出てきました。
 もう寝ます。
 まあ、なんでもイメージの持ちようだ、ってことで。
 これで風邪さえハッピネス。
 でも私はすこしロンリネス。
posted by ながたさん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月26日

11/25

・あぁカンパニエカンパニエ。
 なんだか最近言うことが無いわ。
 なぜかしら。
 そしてこれはいいことなのかしら悪いことなのかしら。
 考えるにね。
 興味の方向がね、ちょっと変わってきたと思うの。
 昔は、コーヒーを淹れるとするなら、
 「どう淹れれば一番美味くなるのか」
 って考えてた。
 でも最近は、
 「(淹れた)これをどう美味く感じるか」
 というところに焦点を当ててる気がする。
 ちょっと小難しく言うと、
 今ここにある状態の本質を考える行為ね。
 外的な力をどう加えたらどう変化するか、
 じゃなくて、
 本質がどうなってるか見極めれば、
 ほんのちょっと、そこを弄るだけで、
 大きく変化するじゃない?
 そんな感じ。
 だから、うまく言葉にできないのよね。
 外的な変化を加えていく過程なら、
 現状も仮説も理論も段取りも、
 全て言葉にできるけど、
 内的なコアを見る作業に、
 言葉は無力だからね。
 まあ、それはちょっと格好をつけすぎかしら。
 あいかわらず必要以上にのほほんと生きてるんだけどね。
 そうそう、セ大阪あっけなく終戦でしたわ。
 京都がしっかり勝ってね。
 水戸に勝てばまだ目がわずかながらあったんだけど、
 スポッと負けちゃった。
 まあ、来年。
 いい若い子多いからね。期待持てる。
 応援してるよ〜。
 J3に落ちてもJ4に落ちても応援する。
 おばちゃんね。
 応援してた野球チームあってね。
 12球団でたったひとつの日本一経験の無いチームでね。
 できたてのイーグルスは除いて。
 それ、無くなっちゃったの。
 無くなったら……応援はできないわよね。
 ホークスやブレーブスのファンは、
 まだまだ恵まれてるわよ。幸せよ。
 「可哀想に」って言ってたのに、
 それよりずっと可哀想な立場になっちゃった。
 人生なにが起きるかわからないわ〜……わからない。
 そうそう、長居公園が今紅葉盛りでね〜。
 美しいわよ。
 私の家の側が特に綺麗なの。
 桜の季節は地下鉄長居駅に向かう桜並木が
 一番綺麗だと思うけど、
 紅葉の季節は逆の角、南東方面が美しいわ。
 ま、なんの施設もないので遠方から
 来られる方が踏み込まないところなんだけど、
 もしこの季節に長居公園に遊びに来ることがあったら、
 外周をぐるっと回ってみることをおすすめするわ。
 長居駅から反時計回りがオススメよ。
 2.8km。お散歩にはちょうどいい距離ね。
 そんなとこかしらね。
 日だまりの布団の上でアホ面下げて
 寝ている猫を見ていると、
 ああこれがしあわせだなあ、と思うわ。
 このしあわせを捨てて、
 いったいどんなしあわせを握りしめようと言うの。
 まずこれじゃないかなあ、
 なんて思ったわね。
posted by ながたさん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月25日

11/24

・ああブルーベリーブルーベリー。
 今日はね、ずっと「アルタナ」で踊り子やってたの。
 12ぐらいまで。
 悪くはないけど私にはあまり向いてないかなー。
 あ、もう歳で膝が痛いから踊れない、
 とかそんなんちゃうよ?
 おばちゃんね、「どがーん!!」ってのが好きなの。
 カルタス?ってヤツね。
 愛してクレメンテ。
 ダメ厨ってヤツ?
 踊り子って基本的に支援ジョブだから、
 あんまりそのどがーん!が無いのねー。
 まあ、ぼちぼちで。
 しかしひっさしぶりに1日FF漬けになってみたけど、
 あっという間ねぇ(笑)
 ほんと他になにもしてなければなにも考えてないので、
 今日これ今、次の日の昼間に書いてるんだけど、
 なにも思い出せないわ(笑)
 おそろしいわねぇ、ネトゲは。
 やっちゃダメよ。
 もう「プレイ時間」のボタンは怖くて押せないわ。
 まあね、2、30年前の若者にとっての
 徹マンもおんなじような位置づけだったと思うけど、
 あれは体力と資金に限界があるじゃない。
 それが無いからねぇ。
 いやむしろお金は貯まる一方よ。
 外出て行かないから。
 私会社にいた2年目の5月にFFが始まったんだけど、
 その次の年の2月に辞めて、
 一応お金いくら持ってるかちゃんと把握しよう、
 と思ってその時久しぶりに記帳に行って、
 どーんと増えててね(笑)
 びっくりしたわ。
 ぜん〜〜〜ぜん使ってないの。
 そりゃあの頃は週末、
 「呑みに行くぐらいならFF」だったからねぇ……
 ああコワイコワイ。
 ゲームは一日10時間だよ、
 って連射名人もおっしゃってたわ。
 守らなきゃ。
 冗談じゃないわよ。
 たとえば土曜日に昼に起きて朝昼ご飯食べて
 13時からやり始めて、
 余裕で終了が28時とかだからね。
 10時間じゃ全然足りてません。
 ああコワイコワイ。
 久しぶりにFFの怖さをまざまざと痛感したわ。
 あ、そうそう、横でTV流して見て、
 大雑把なんだけど
 浦和vs鹿島を見たわ。
 いい試合だったわね〜。
 解説の山本昌邦さんも実況の栗田アナも
 笑いながら(良い意味で)
 試合をほとんど観客のように観てたのが
 印象的だったわ。
 比較的冷静なこの二人をもってしても
 そうなっちゃうようなナイス・ゲーム。
 鹿島にこの試合をされたら、
 いかに浦和といえども厳しいわね。
 非常に「動き」が良いチームになってた。
 トォール・アライーバが退場しても
 全然動じてなかったものねぇ。
 というより、この鹿島に対して1点で
 持ちこたえる、という浦和も凄いと思う。
 すばらしい。
 もう一節このギリギリが愉しめるかと思うと、
 幸せだわ。
 あ、そうそう、今日、しもたなぁ、と思ったのがね。
 ホンダCカードっていうの持ってるのね。
 まあ基本ICクレジットカードなんだけど、
 ホンダのディーラーで整備したりすると
 情報が登録されて、たとえばよその土地の
 ディーラーでなにか点検受けたりするときも、
 すぐデータが引き出されてそのクルマにあった
 整備ができ……
 そんなの普通に車台番号で管理すれば
 いいだけの話よねぇ。
 まあ、それに入ったのはもちろん新車購入時に
 1万2千円だかのキャッシュバックがあるから、
 で、年会費は初年度「のみ」無料。
 それ忘れててさ、
 今年の年会費落としまっせ、という通知が。
 しもた……
 こういう時ってさ、
 払っちゃったんだからもしものために
 来年11月まで引っ張りたくなるわよねぇ。
 だって今解約したらほんとにこの1500円
 無駄金だもんね。
 といって。
 たぶんそのままにしておくと来年もまた
 1500円払う羽目に……
 もうね、ホンマ世の中、ややこしすぎます。
 なにその1500円って。
 このご時世に。
 今ありとあらゆるカードが
 「ウチで作ってください、こんな特典が!」
 「いやぜひウチで!1%!1%引きますから!」
 と言って殴り合ってるご時世に、
 1500円ってなにそれ。
 ブラックカード?
 呼べば5分で美人秘書がきてくれるの?
 ほんでなんでもやってくれるのかしら!
 台所行って玄米茶淹れてきて言うたら
 淹れてきてくれるのかしら!
 年1500円言うたら月にジュース1本よ?
 毎月日本各地の有名ジュースが届く頒布会だってできるわ。
 1月はコカコーラ。
 2月はペプシコーラ。
 3月はドクターペッパー。
 あたしのジュース返して!
 あーもーめんどくさい。
 これからの世の中はめんどくさくないのが
 嬉しいと思うわ。
 なにができますこれができます、
 ではなくて。
 もうええわもう。
 もう明日解約する。
 もうしゃあない、1500円しゃあない。
 絶対忘れて来年また同じこと言ってるに決まってるから。
 あ。
 これEdyついてたわ。
 1年点検の時に1500円ぐらい
 バックされてるはずだけど……
 これの扱いはどうなるの!?
 EdyはEdyで使えるの!?
 それともカード自体が止まるとダメなの!?
 なに今からコンビニ行って不要不急の
 ビールでも何本か買えってこと!?
 ほんでまたEdyって
 「残りを現金で」って支払いができないじゃん。
 ちょうど1500円に合わせるなんて、
 おばちゃんの鳥頭ではムリよ!
 あれ面倒よねえ!
 そりゃシステム的にはひとつのブツの決済を
 ひとつの支払先から得たい、のはわかるけどさ、
 だってそんなこと言いだしたら、
 たとえば商品券のたぐいってそんなことは
 平気でできるわけよね。
 なぜあんなローテクシステムにできてることが
 こんなすごい、すごい、なんというか、のカードに、
 できないわけ?
 わからないわ〜……
 おばちゃん最近世の中に全然ついて行かれへん。
 もうええわ。
 新喜劇でも観ながらFFするわ。
 するんかい。
 今日も内容の薄さはピカイチね……
 でもいいわ。
 めちゃめちゃ細かいことを
 さも地球の運命が変わるかのように騒ぎ立てる、
 これぞオバハン・スピリッツ。
 そんな魂を前面に押し出して行きたいと思うわ。
 だって騒いでも騒がなくても
 人生同じなんだもん。
 騒いだ方がいいわよね。
 他人に騒がしておくだけなんてもったいないわ。
posted by ながたさん at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月24日

11/23

・本日の名文句
「サイコガンは心で撃つんや」
 いやもう、まったくおっしゃるとおりです。

・電気ケトル、早くも祖母からクレーム。
 「すぐ冷める」
 いや……それは……そういうものなんですけど……
 電化製品は使いこなしでござる。なんでもかんでもそんでもこんでもを満たすものなどありませぬ。

・最近気になるのは
 東京の人が変なメガネ掛けてることです。サイドのフレームにブツブツの穴の開いた大門団長が射撃訓練の時に使うゴーグルみたいなメガネとか、平気で掛けてるじゃないですか。気になったので(僕よりは)若い東京在住の二人にきいてみた。あれは、どうなん?
「いや今若い者の間ではできるだけ変なメガネ掛けてる方がモテるらしいですよ」
「そんなこと言うたら一番モテんのはウルトラセブンになってまうやん」
「塩沢ときとかねぇ」
 二人からは「あれはどうかと思います」というホッとする返答が聞けたのですが、あれはどうかと思います。
 装身具やからねぇ。本体より目立ったらあかんと思うんやけどねぇ。まぁ人それぞれですけどねぇ。
 あのねぇ、「都」っていう土地ではですねぇ、時折「それはねぇだろ常識的に考えて」って流行が起きちゃったりしますからねぇ。鯨骨スカートの膨らみを競ったり、首にはめた金属の輪の数を競ったり。いやまぁ、人それぞれですけどねぇ……。

・FF11「アルタナの神兵」
 過去へ行く各地の「禁断の口」を開けまくるのに歩きまくるなり。こうしてみればヴァナは広い。古墳のカンパニエが終わらないのでバストゥーク第4軍団に志願してカンパニエ初参戦。基本ちいさいビシージなんですが、敵がワープ移動するのでどこから降ってくるか、今どこで戦ってるのかがわからず、それが難儀。あと、タダでもらえるテンポラリアイテムは無いので、間違ってディアガなんか撃とうものなら袋だたきにあって瞬殺です。モンスもかなり強い。とてとてはある。小隊長級はもっと強くて、こちらのNPC小隊長とガチでやってもらうのを支援する感じ(ビシージで将軍をアシストする感じ)
 とりあえず今のところ経験値取得上限600(条件不明)ぐらいですが、普通に戦ってるとすぐ貯まります。Lvの低いビシージやるよりは効率的かなぁ。各種ミラテテクエと比べると、効率はともかく(いまのところ)おもしろいのはおもしろいので、僕ならこっち。ただ、まだこれからバランス調整はだいぶ要る感じ。まずどこでやってるかわからん。戦いたくなったらすぐ戦いの場にいける、ようにしてもらわんと。拠点決めてそこの周りでいつもやってる感じか、あるいはアライドタグもらうと狩人の広域スキャンみたいな感じで激戦区が表示されるとか。
 ともあれ、箸にも棒にもかからないコンテンツではない感じです。今後に期待。

 今回の追加ディスクはちょっと小さい感じはします。今のところ、極端に言えば過去世界という箱と(しかも過去だからエリアの雰囲気が見知りすぎている)カンパニエと新規2ジョブしかない、という感触で、これからどう積み込んでいくのか、よく言えば期待、悪く言えば……まあ、4000円ですしねぇ。こんなもんかな、と思いますが。そんなネガキャンするほど酷くもないと思いますよ。
 まあ、アトルガンがね、今までとは全然違う雰囲気の国や土地へ行って、新キャラがわんさと出て、ワクワクしましたからね、それに比べてしまうとアレなんですけども。ああ、あれだ、「スタートレック」も過去の話やって苦戦したんですよね。なんといっても結果わかってますからねぇ……でもそのぶん、人間ドラマに集中できると思えば。
 ちょっとネタバレですが、バスの入団試験受けますと若き日のザザ将軍出てきまして、結構「おっ!」っと思います。子供時代のアジドマルジドとか。このへん、たとえばシャントット博士が当時はすごいクールビューティだったりして、「ああこの美女があんなおばはんに」というようなのも面白いでしょうし、なんでもやりよう次第です。がんばっていただきたいものです。

 いまさらながらナイズルやリンバスに初挑戦してみたり、まだまだ遊べるゲームです。5年もずっとそうあり続ける、というのは凄い。ただただ感嘆してます。
posted by ながたさん at 13:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月23日

11/22

・「アルタナの神兵」
 リトライ祭り中〜(笑)
 ありえないわ(笑)
 昨日GAMEWatch読んだら「アトルガンの時は本当にイレギュラーだったんですよ〜」という田中神のありがたい御託宣があったので「ああ、じゃあだいじょうぶだ」と信じ切っていましたとも。
 とんでもない(笑)
 さすがFF11だ、俺達の期待をまるっきり裏切らないぜ!(笑)
 どこをどうやったらここまで期待を裏切らないように戦えるのだろう(笑)
 わざとやってるとしか思えない(笑)
 あのほら、一人いるだけで雨が降る人とか、触る電化製品触る電化製品壊していく人とか、いるじゃないですか。きっとチームに一人そういう人が居るんですよ。この人が居るとリトライの神さまが降りてくる、というような人が。アトルガンから始まったからそれ以降チームに入った人かな。アルバイトの子だったりしてね。ああいう力って強力ですから。
 まあ、のんびりとらいで。

・ティファールの電気ケトル



 買いました。
 電気ケトル(ホテルにちいさい湯沸かし器があるでしょう、あれです)ってなにがいいのか皆目わからなかったのですが、使ってみて「あー……」と思うこともあります。詳しくはティファールのwebなどご参照いただければよいかと思いますが、↓
http://www.t-fal.co.jp/tefal/kettlelife2/index.html
「これのなにがいいか」というよりも、ヤカンとポットの弱点が無い。ヤカンは火に掛けると(たとえIHでも)見てないといけませんし、もちろんヤカン本体も熱くなる。ポットは再沸騰に割と時間が掛かるのと、あれ水を入れたり洗ったりが実は大変ですよね、ごつくて重くて。と、いう2点が無い。単機能デバイスの使い勝手の良さがうなる、という感じです。トースト焼くならトースターが一番、ってなもんで。
 弱点は1450Wという鬼の出力で、もちろんレンジやオイルヒーターと併用すると一発ブレーカー。ただ、このモデルで1L沸かすのに5分は掛からないので、まあ使ってる間はそういうブツを使わないように気をつける感じで。あとはやっぱり、プラの匂いがちょっとする。説明書には「湯にはうつりません」とあるけど、湯にうつってなくても空気中に漂ってるのは漂ってるので、まあ。でもまあこれはしょうがないですな。ポットでも蒸気から独特の匂いしますからね。
 さてさて、我が家では活躍してくれますでしょうか?

・どうせ「アルタナ」買いに行くんだから、とヨドバシまで足を伸ばしまして、アクオスP、見て参りました。
 ヨドバシ梅田、西日本最大の家電旗艦店ともあろうものが一台もPC接続してないのよ。びっくりした。インターネットアクオスは何台も何台もあるんだけどね。これシャープから「やってくれるな」って指令が飛んでるとしか思えない(笑)
 まあそれは冗談として、スカパー!の説明画面見てるだけでもパネルは文字通り「抜群」ですな。デイビット・別格。元イングランド代表主将(欧州選手権予選落ち)。ぶち抜けてしっとり目に優しいですよ。Dot by Dotでちょっと相性問題が出てるみたいですが、メインとしてPC作業で使うのではなく、大きい画面でPCゲームで遊びたい、なんて方には最強無比ではないでしょうか。(メインとして使えないならこの価格は高いけど……)あと、22と26だとやっぱり26のが全体的にいい感じです。22ももちろん悪くないんですけど、各社の気合い入った24ワイドPCディスプレイと戦う羽目になるので、選択肢他にもあります、って感じ。26はオンリーワンですな。
 しかし26だとやっぱデスク上には大きそうね〜。現実的には、机の面積と画面と目の距離それに精細度、もろもろ考え合わせますと24ワイドの1920*1200っていうのがパーソナルな最大サイズかな。それを2枚、あるいは3枚というのはありだと思いますが、単品で26とか30になるともうちょっと手に負えない(目に追えない?)感じがします。
 ああ……フツーにこのASVのパネルをディスプレイ屋に卸して欲しい……

 ということで、PCメインで考えてました私には残念ながらフィットせず。虚心に返ってPCディスプレイコーナーでいろいろ眺めてみました。
 24ワイドではNECの2490が色が綺麗。ちょっと派手かな?と思うのですが、不自然というほどではなく、目に優しいという感じではないですがギラギラ厳しい感じはしない。気に入りました。本体デザインもさっぱり「業務用」という素っ気なさがグッド。逆に三菱の241はちょっとデザインがしんどいな……やっぱり枠が光沢、っていうのが個人的に耐え難いです。表示装置は中身が主役ですから。枠はできるだ〜け目立たないのが、いいのです。
 20インチでは、NECの2190見てみたいんですけど展示無し。2490の色があんなに綺麗なら、2190だとさらにしっとり美しいのかも。やっぱりナナオのL997はかなり世代が古い感があって、ちょっと今買うには抵抗あります。今BMWの先代3シリーズが定価で買えます、っていうとわかりやすいかな。モノがいいのはわかるけどやっぱ設計は古いやん、と。程度わかってる友人中古で5万円とかなら即決モノなんですけども……
 それにしてもBenQの22ワイドが38000円ってどういうことですか(笑)そら普通の人はこういうの買いますわねぇ。ていうか「これでええか」と思わず財布の中の確認してしまいました。まあ、表示装置は仕事の道具ですから、次はきばっていいの買おうと思います。

・iPod touchに
 サンワサプライの保護フィルム貼ってみました。が、ちょっと失敗くさい。光沢タイプ選んだのですが、平滑性が低い感じで(映り込んでる蛍光灯も歪んでる)、くすんだ感じになってしまいました。前に貼ってた280円のPSP用(流用)の方がよい感じ。こんなものでも個性あるのね〜。いやはや。

・帰りが天王寺止まりだったのも何かの縁、
 と思い無印良品によって茶器など見てみる。白磁の湯呑みとインド綿手織りのコースターを所望。でも驚いたのが、肝心のお茶っ葉が無いの。まったく。お菓子とか乾物とか、売ってるではないですか。でも、コーヒーは少しあるし、あと粉末タイプの溶かすだけ抹茶オレとか、そういうのはあるんですけど、お茶っぱや紅茶の葉は一切無し。それは専門店行ってくれ、ってことなんでしょうか。すごい割り切りだと思ったわ。
 なんというか、ほんと「雑貨」屋なんですね。主貨(こんな言葉無いですけども)は扱わない、という。まあ、HOOP店の場合下にスタバもAfternoonTeaもありますから、多少扱ってもしょうがないのはわかりますけども……
 ほんでお昼、スタバでサンドイッチ食べつつラテ啜ろうとして空いてる席になにも考えず座ったら、隣のおじさんがなかなかイケてました。自作ついたてみたいなのをテーブルに立てて、その中で早弁するようになにか書き物されてて、でそのついたてとか、手元のシステム手帳とかに、どうもその方の会社か所属団体かのエンブレムが常に光り輝いてて、んでもってそのついたても実はセレブな感じの女性(叶姉妹方向ではなくデヴィ夫人方向)とそのおじさんとの2ショット写真の引き伸ばし、という、あ忘れてたなにより黒い革のテンガロンハット。
 いやあ。天王寺とスタバのコラボは最強に近いわ。
 本読んでのんびりして、クリスマスモデルと銘打たれた豆を買って帰りました。深いローストで、ちょっと苦味というかコゲ味が強いですけど、味そのものはさっぱりしてて美味しいです。ああ、これは確かにターキーやケーキと合いそうですな。もうそういう時期かー……

・さっきも言いましたが欧州選手権、イングランド、負けましたな。
 ヒディンクは鬼ですよあいつやっぱり(笑)(この組でイングランドを差し置いて突破を決めたのがクロアチアと、彼が代表監督を務めるロシア)引き分けでOKで相手がすでに突破決めてるクロアチア、場所は聖地ウェンブリー、それを負けますか。そらあきませんわ。ルーニー&オーウェンの2枚看板がケガで出れてない、それは確かに不運ですが、たとえばアルゼンチンならメッシ&テヴェスがいなくても山のように代わりがいて、いくらでもなんとでもなりますからねぇ。「いない」って時点でやっぱり弱い。あとやっぱり、前々から言われてますがイングランドには選手を「使える」選手がからっきしいないので(その希有な例がベッカムだった)これ何とかしない限りいつまでもこんな感じですよ。監督をジョゼにするヴェンゲルにするというような問題ではない。FAの強化方針が問われてるんじゃないかなぁ……
 残念ですが、またヒディンク旋風が吹き荒れるのかと思うとそれはそれで楽しみ。

・……結局、3時間ばかりリトライすると夕方インできました。
posted by ながたさん at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月22日

11/21

・最近、コーヒーに換えて緑茶を飲むことも多くなりました。
 今までにも何度か僕の中には「緑茶ブーム」が来たのですが、今回も美味しくいただいております。
 さっぱりしていて、後味もよく、薄めに淹れれば胃への負担も優しい。どんな食べ物とでもよく合う。温度が下がっても普通に美味い。
 私濃いのが好きだったんですが、美味しいお水で淹れるとさっと淹れても美味しいですな! 煎茶は90度で1分と言われますが、その通りやると実に爽やかで、「あらやっぱり基本は大切だわw」と納得してしまいました。
 お茶がコーヒーより便利なところは、このように濃度を手軽にコントロールできるところでしょうか。コーヒーは薄くするっていっても限界があって、ある程度から薄いとただマズイものになるのですが、お茶だと相当薄くできます。夜寝る前はこれで。あと、味の幅が広いので簡単に気分も変えやすいですな。煎茶とほうじ茶と番茶だけでも、まるで違う飲み物といっても過言ではない。
 ただ、熱で成分が変化していくので、どのような味を狙うにしろ、淹れてすぐが一番美味しいですなぁ。学校給食なんかで大きなヤカンに入ったお茶、あれがあんまり美味しくないのは、もちろん茶葉が安いというのもあると思いますが、淹れて時間が経ちすぎてるんですよねぇ。ただ、淹れたあと急冷しておけば味はあまり変化せず1日でも持ちますな。我が家でもそういうお茶が常備されているのですが、冬はやっぱり消費量が減ります。あ、時間は掛かりますが水出しという手もあるな。こんどチャレンジしてみよう。
 まあ、ちゃんと淹れたお茶が美味い、なんてなことは日本人なら誰でも知ってる事実ですが、あまりに当たり前であるが故に忘れてしまいがちです。行楽地のペットボトルでもお茶から売り切れますな。あれで売り切れに出会うたびに「どうしてこの『熱帯果実オ・レ』の枠を潰してもう一枠お茶入れておかないんだ!」と怒ってしまう私は気が短い。
 困ったら基本に返る、日本人の国民飲料は緑茶でございます!
 いや、まあ、コーヒーも相変わらず大好きなんですけども。あー、あれだ、ウチとソト、家着とよそ行きって感じですかね。でも、スタバのようにお茶をうまいことオシャレに飲ませる店ができれば、ウケるかもしれません。今ホラ、甘味処の脇役って扱いですよね。それか、中国茶中心にイカニモ趣味風に、敷居高い感じで。ああいうのじゃなくてもうちょっとカジュアルな……なんてことを言いながらいつも思うのは、その「うまいこと」ってところにアイデアとセンスがあるのが、フロンティアなのでしょう。
 こないだokbちゃんとSkypeしてまして
「そういえば学生の頃『おにぎり屋やったら儲かるかなぁ』とか言ってましたねぇ」
 と10年ばかり昔を懐かしんでましたが、今そんなお店いっぱいあって、やっぱり幸せを運んできてる。で、そこで問題は度胸やセンスもですが「どうお店にしていくか」っていう具体的な、「現実をどう動かしていくか」ってところを、キリキリ考えコツコツ実行していく熱意でしょう。
 それのあるなしが、仕事と趣味の境かなあ、と思ったりします。
 また最近はインターネッツという強い味方がいて、ありとあらゆる情報が手に入るので、「うわぁこのお茶美味しそうやな〜」とかヨダレ垂らして見ています。書店に並ぶ本なんかでも、最近の料理・飲食物の本はやたらめったらオシャレに美味しそうに写真撮ってあって、ほんと目移りしますね。
 別にそんな特殊なものでなくても、「伊右衛門」のティーバッグ、あれかなり戦闘力高いですよ。いやマジな話来客に出せるクオリティで、たぶん黙って出しても「美味しいですね」って言って貰えると思う。コツはパッケに書いてあるとおり贅沢に淹れること。色つくからって1個で2人分とかしてはガクッとダメになります。高級品と普及品の違いってたぶんここがすごく明確で、炊いて時間の経ったお米の違い、なんかもそうですが、高級品は力あるから二煎目三煎目でもパワフルなんですよね。でも普及品でも一発目なら結構いけるものです。
 まあこんな、昔ならお薬みたいなものをがばがば飲めて、幸せです。お茶雑感でした。
posted by ながたさん at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月21日

11/20

・ダイエットせにゃならんので、夜中担々麺を食べました。
 今のインスタント担々麺はよーでけてまんなー。
 ほんまあと挽肉だけ入れば完璧、というお味でした。思わず残ったスープに冷やご飯を入れ炊き直して担々雑炊をいただいてしまいましたよ。
 今月は何キロ痩せてるかなあ。

・MacPeopleを立ち読みしますと〜
 買いなはれ。
 石井裕教授がLisa以前からのMac一本で
 特にモバイル分野では
 「耐えに耐えた」というのが泣けてきた。
 美学とはやせ我慢のことである!

・昨日↓のYAMAZENのヒーターを買いに行って、母と行くと二人は別れて行動しお互いに荷物を適当にクルマのトランクに放り込む、つまり相手の買ったものがわからないのですが、
 またワゴン買ってた。
 「呆れてモノが言えない」って表現がありますが、僕生まれて初めてその状態になりました。ほんとに言葉無くなるんですね(笑)なに言っていいかわからなくなるし、なにを言っても無駄だろうって気にもなる。本人もわかってるからかなんかゴチャゴチャ言ってるんですけど、耳にも入りませんでした。
 いやまあ、僕個人は別にいいんですけど……
 こんなねぇ、ホームセンターで売ってる2000円とかそんな程度のもので幸せが買えるなら、息子としてはなにも言うことないんですけど……
 なんか釈然としない。
 いや、季節のお花を買いたい、とか、生協の新製品を食べてみたくて買いすぎた、とか、そういうのなら全然理解できるんですけど……なぜワゴン。
 もちろん古くなったモノをリプレースするなどという正当な理由はまるでなく、またすこし、キッチンが狭くなりました。
 きっと母はいつまでもワゴンを買い続けることだと思うので、宝くじでも当たったら北欧製の200万ぐらいするワゴンを買ってあげたいと思います。

・まあ理由は思いあたらないこともなく、
 我が家には以前、古い大きな倉庫があったのです。酒屋やってた頃の名残でして、床面積にして8畳以上の2階建て。ですから収納力としてはものすごいものがあって、季節モノから捨てにくい古い様々なものまで、とにかくなんでもほりこめ青春、でした。私最近になるまで電化製品の箱全部残してましたもん。ここへ入れればいいので。
 で、これを壊しまして風呂場を拡張したのです。風呂は新しく幸せになってこれは大満足なのですが、この巨大収納を失った痛手は極めて大きく、たとえば石油ストーブひとつ収納するところが無い。扇風機とかめっちゃ困る。
 本来でしたら家の中にある小さな収納を効率よく利用して……と言ったところでしょうが、例えて言うなら80GBの内蔵HDD+540GBの外付けHDD、で運用していたものを、いきなり80GBだけでなんとかしろ、と言われるようなものでして、最初から80GBならそのようにも使えるのでしょうが、生まれてこの方ずっとそれで慣れてきた身には極めて厳しい。
 偉そうに言ってます私も5畳の自部屋以外に布団とタンスと衣類は別の部屋に配置されており、まあ空間を贅沢に使いすぎです。
 ま、そんなこんなで、そういう「空間ストレス」がワゴンという小宇宙の購買意欲を掻き立てているのだと思います。
 我が家のキッチンは僕子供の頃は父も曾祖父もいましたので6人家族(+猫)で普通に暮らせてたはずなのですが、今3人でもなんとなく狭いです。食卓の隅っこの方でなんとなく小さくなってご飯食べてます。おかしいんです。なぜかこうなった。あ、そうそう、その当時は洗面台もキッチンにあったんですが、普通に使えてたなぁ……
 日本は豊かになりましたが、狭くなりました。
 小さい空間にわらわらと身を寄せ合うのを懐かしむのは、単なるノスタルジーだと思いますが、まそれにしてもモノを置きすぎてる気はします。また日本家屋はモノを置くことと非常に相性が悪くてねぇ……
 まあ、なにが言いたいのかと言いますと、ワゴンにはご用心。片付くかもしれませんが、それそのものが邪魔です。
posted by ながたさん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月20日

11/19

・以前から我が家では高齢でトイレの近い祖母がいるものですから、小さな古い電気ストーブを置いたりしていたのですが、いちいち点けるのも面倒だし第一危ない……
 てなことを家族で言ってましたら家電Watch。
http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/column/2007/11/15/1574.html
 早速近場の電器屋さんで購入しました。画像はAmazonですが。



 いやー、便利ですよセンサー。レビューにもありますように動き見てるので、扉開けると即スタート。すぐ温かい風が出てきます。冬の寒い夜や朝に大きい方をなさねばならない状況に至ったときに非常に効きそうです。もちろん祖母そして母にも好評。母などすでに2Fトイレ用にもう一台欲しいと言いだしてます。脱衣場にももちろん良さそうですな。
 いい買い物でした。

・ブリタの浄水器
 結局新型買っちゃった。形は同じ一番小さい「リクエリ」です。



 我が家では私一人しか使わないので、1回補給すると1日あるようなないような、なので、このサイズ継続。
 ちょっとだけ改良がされてて、結構注ぎやすくなってます。フタのかみ合わせも強くなってたりとか。まあでも、基本は変わらないですけども。
 旧型→新型で味の変化が捉えられるようなすごい舌は持ってません(笑)たぶん変わったのはメカニカルな構造だけで、やってることは相変わらず活性炭濾過なので性能はあんま変わらないと思います。もちろん、通してない水と通した水ではダンチですよ。特にお茶・コーヒーを淹れたり、ラーメン作ったりするとテキメンわかります。大阪都心の水が、「冷やせば生でもいけんこともない」ぐらいにはなりますからね。
 これほんとよくバカにされるんですけど、私が生き証人で、人間ね、やっぱめんどくさいことは、見合うだけのメリットがないと、いつの間にかやらなくなるんです。そんな強メンドクサガリの私が、今もコーヒー淹れる時はこれで漉した水でなければ淹れる気が起きない。それがもうずいぶん続いてるので、やっぱりそれだけの力あるんじゃないかなぁ、と思ってます。
 いや極端に言えばプラシーボでもいいんですよ。
 効けば。
 で、古い方をしまい込もうと洗ってたら、外側の汚れが落ちずに難儀しました。キッチンの片隅にずーっと突っ立って頑張ってくれた証のようなものですが、やっぱ油汚れって凄いなあ、と思いましたよ。

・今節のセ大阪
 昼間京都が札幌に勝ちきれず、仙台が負けてくれた!
 ここで勝てば一気に仙台を抜き京都と1点差まで迫れる!
 しかも相手は下位の草津!
 よし!
 ……で、なんで分けるかな……
 サッカーって波のスポーツなので、来てるときに乗らないと、その波がそのまま相手に行っちゃうんですよね。攻守がシームレスなスポーツですから。それは1ゲームの中でもそうだし、シーズンの中でもそうです。
 セ大阪の今年の波はこないだの仙台戦だったなぁ……あれ勝ってれば間違いなく悠々3位で優勝だってまだわからんとかほざいてたと思いますわ。
 で、女神様がくれた今日の最後のチャンスも勝ちきれず……
 んでもね、またこれサッカーおもしろいのが「相手がある」ってことで、仙台も京都も、まだ乗り切れてないのよね。運に。しかも次節はこの2チーム直接対決。
 これは萌えますよ〜。京都は勝てばほぼ決まりなので(得失点差が2あるので最終節でセ大阪と並ばれても振り切れる可能性高い)大プレッシャー、もちろん仙台は負ければそこでシーズン終了なので大プレッシャー。西京極に見に行きたいぐらいです。
 ま、セ大阪的にはもうあと2つ勝つ以外ないので、余計なことは考えずに勝つ!
 いや、一番おもしろいのは京都勝ってセ大阪勝って最終節に勝ち点差3で雪崩れ込んで、京都負けセ大阪爆勝で得失点もひっくり返して大逆転3位……なんですけど、そんなマンガみたいなことはなかなか……いや! セ大阪ならやりかねん! てかそういうことをやりかねんチームだから我々は愛してしまうのだ! そう今は亡きリーグ優勝を代打逆転満塁サヨナラHRで決めてしまうあのチームのように。
 なんで南大阪のチームはこんなチームばっかりなんや。
 心臓に悪い。
 ボルシア・メンヘングラッドバッハでしたっけ、ケルン(奥寺さんがいたっけかな?)と勝ち点同じで得失点差が10かなんかあったのを、ドルトムントに12点叩きこんで追いすがったんですよね。結局ケルンも5-0で勝ったので振り切られたんですけど、それから比べりゃ2点なんて得失点差無いも同然ですよわっはっは。
 はぁ……
 しかし今年J2追ってて思うんですけど、J2にはJ1にはない厳しさがありますね。言葉汚いですけど、J2って、「昇格」が最大の目的なので、4位以下はゴミなんです。なんの意味もない。4位も13位も一緒。
 J1だと、もちろん建前は優勝ですけど、「若手主体で5位に入った」とか「昇格したてで残留できてよかった」とかいろんな慰めがあります。でもJ2にそんなものはない。勝利以外なにも求められていない。これは厳しいですよ。こんな厳しい戦いを48試合もこなす選手・スタッフにはほんと敬意が湧きます。
 ジャンルイジ・ブッフォン、世界最高のGK、ユヴェントス、が去年セリエB(2部)を戦って「ここはここで大変」とコメントしてましたが、それはそういうことだと思います。勝つか死ぬかって戦場では、美しいサッカーとか若手を育てるとか、そんなアホなこと言うてられませんからね。
 いやいや、3チームともあと2試合、がんばってください。
posted by ながたさん at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月19日

11/18

・ああせちがらいせちがらい。
 今日もたくさん、細かいこと悩むわよ〜。
 いつもどおり要領を得ない細かい話なので、
 つまらないわよ〜。
 例のアクオスPなんだけどね。
 ダメみたい。
 いや、自分の目で見るまではアレなんだけど……
 パネルは相変わらず文字通りの「抜群」なんだけど、
 どうもやっぱり「TV」がメインの品らしくて、
 PCはまあ繋がらんこともないですよ、
 というスタンスみたい。
 ディスプレイはパネルだけじゃなくて
 画像処理エンジンも重要だからねぇ。
 TVに向けて作るとTVに、
 ディスプレイに向けて作るとディスプレイに、
 なるのです。
 あたりまえですけど。
 そういえば発表時にシャープの人が
 「これはTVです!」って絶叫してたわ……
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071031/sharp.htm
 ほんでガックリ来てるの。
 まあその、枠にギラ白使ってる時点で
 真面目にディスプレイ用途は考えてないわよね。
 勝手にこうだと期待して、
 勝手にガックリ来てるの。
 おばちゃんが若い頃の恋を思い出したわ……
 やっぱモチはモチ屋ねぇ。
 ディスプレイが欲しければ、
 ディスプレイを買った方がいいわ。
 L997or2190UXiの2択という状況は
 いつまで続くのかしら……
 もうA-MVAの三菱のかBenQの
 24ワイドでもいいかと思えてきたわ。
 あの2機種も買った人の満足度高そうだし。
 だって、今20インチの4:3買うっていうのも
 ちょっと辛いと思わない?
 ワイド便利よね〜。
 MacBook買うまでは、
 「PC用途でワイドなんて。
  しかもあたしテキストだから
  今でも横は全然余ってるし」
 とか思ってたんだけど、
 MacOSだとDockが、VISTAだとサイドバー?
 あれが端に見えてたりすると便利なのよね。
 アプリケーションでも、ツールボタンとかが
 作業領域あまり食わないし。
 結構、動画関係なしに普通に便利なの。
 う〜ん。
 悩むわ〜。
 ……いや、あのねー、それだけじゃなくて、
 私個人的にIPS系の
 「ヌタッ」とした画面がダメなのよ〜。
 L997も2190もIPS系でね。
 私ひとつ前の液晶ディスプレイ、
 ナナオのL465なんだけど、
 これ買うときも今でも名機とうたわれる
 L575(日立のIPS)と悩んだんだけど、
 結果L465を選んだ理由は
 安いからでも小さいからでもなく、
 なんかL575の画面の感じがダメだったのよ。
 なんとなく、キリッとしてないのね。
 今年の春に家のでかいTV買ったときも、
 レグザ(IPS)も悩んだんだけどね、
 なんかあのIPS臭さがダメだった。
 (買ったブラビアはVA系)
 プラセボじゃなくて、
 その事実は後で調べて知ったぐらい。
 お前は液晶分子の並びが見えるんか、
 とツッコまれると困るんだけど(笑)
 えと、なんていうんだろ、
 液晶の良さって、ピクセルひとつひとつが
 きりっ!と締まって、
 自己主張してるところじゃない?
 VA系特にシャープブラックASVはそれの最高峰。
 (初代PSPが一番手軽にその良さを確認できます。
  今のはASVって言わなくなったからたぶん違う)
 IPS系はその均一性からか、
 逆にピクセルを意識させずに
 ぺたっと色塗ったように見える。
 だから穏やかでいい、と好む人も多いと思うんだけど、
 こう、ピンピンしてるのが好きな私は、
 イマイチ踏み切れず……L997なんて
 店頭で何時間見つめたかわからないぐらい
 見てるんだけどね(笑)
 TVにするときも、レグザなんか明らかに
 滲ませる方向というか、
 ブラウン管チックに作ってて、
 「ぇーそれは液晶の良さを出してないんじゃないかなぁ」
 というのが私の正直な感想。
 でもうちの母なんぞはアクオスを見ると
 「ハッキリしすぎて目が疲れる」
 って言ったから、
 まあこのへん好みよね、ほんとに。
 難しいよね、
 新しい技術が出現したときに、
 その技術の良さを訴えるのか、
 馴染みの古い技術に合わせて安心を訴えるか。
 はぁ……
 これからシャープは外販に力入れるらしくて、
 22はともかくこの26のASVパネルは
 ディスプレイ屋なら一度は取り扱ってみたかろう
 素材ではあると思うので、
 三菱かNECがこのパネル使って
 ディスプレイをでっち上げてくれるまで
 待ちますか……
 本来だとここでナナオ様という単語が出るんだけど、
 今ナナオ様はサムスン(日本市場撤退)の
 S-PVAに五里夢中で、他のパネルガン無視。
 期待はできないわ。
 でもフシギよねぇ。
 そこに厳選素材があって、
 腕の立つ料理人もいて、
 それが食いたいと叫んでる客もいて、
 料理だけが、無いのね。
 なんなんだろうね、これ。
 でね、
 あんまりしがらみのないBenQあたりが
 ある日ポロッと作って
 「ああこれだこれだ」って日本中のマニアが
 泣いて悦ぶのよきっと。
 バカみたいな話よねー。
 ま、でも、それはさ、
 モノヅクリでいつもどこかで起きてる現象でさ、
 ユーノス・ロードスターってさ、
 あれ、本来はイギリス人が
 作らなきゃいけないもの、なのよ。
 2シーターオープンライトウェイトスポーツ。
 イギリスのお家芸。
 ところが作ったのはイギリスでも、
 ドイツでもイタリアでもフランスでもアメリカでもなく、
 日本人。
 バカみたいな話よね(笑)
 高温多湿で雨多く都市人口密度が異常に高く
 ディーゼルの規制が甘くて道路の空気が異常に汚い、
 つまり屋根はおろか窓も開けたくならない日本は、
 いっちばんオープンカーに向いてないのに。
 ほんで世界中のマニアが
 「ああこれだこれだ」つって乗ってるのね。
 あー。
 思い出した、あとひとつ要素として言えるのは、
 液晶になってから、
 「スペック」が語れるようになっちゃったじゃない。
 視野角とか、応答速度とか、コントラスト比とか。
 あれが逆に良くないのよね。
 画質って、そんなもんで計れないじゃん。
 目への優しさなんてなおさら。
 そうなってくるとどんどんおざなりになるわよね。
 売りにくいからね。
 ブラウン管の時代は、メーカーが
 「これが一番です!次がこれ、次がこれ」
 って言い切って、値段もそのようにつけることが
 できたけど、今じゃさ、
 「スペックで負けてるのに高いのはおかしい」
 とか言われかねないもんね。
 本来はそれでも
 「いや!こっちのがいいんです!」
 って言い切ればいいと思うんだけど、
 ほら、日本のメーカーは優しいから。
 これは皮肉じゃなくてほんとに。
 「えっと、いや、そうではなくてですね……」
 とか一生懸命理由つけようとするのね。
 もう、そんなん要らんと思うわ(笑)
 言い切ればいいと思う。
 iPhoneをね、英国で売ることになって
 スティーブが乗り込んでね、
 今欧州のケータイじゃ
 高画素カメラ搭載ブームらしいのよ。
 2周りぐらい日本から遅れてると思うけど
 まあそれは今はいいとして、
 記者が
 「200万画素のカメラって画素少なくないですか」
 って質問ぶつけたら、
 さすがスティーブ言い切り王。
 「画質と画素数は関係ないよ」
 これですよこれ。
 あたし一人で画面の前で痺れたわ。
 だって、それが真実じゃん。
 NikonのD40って一眼レフ、
 600万画素しかないけど、
 市場にある全てのコンパクト機より遙かに高画質よ。
 画素数っていうのはあくまで一度に記録できる
 ピクセル数でしかなくて、
 そのピクセルの質には一切関係が無いもんね。
 それ式で行けばいいと思うわ、もう。
 「これNTSC比色域狭くないですか」
 「それと画質はなんの関係もないよ」
 これで。
 まあ、でも、これもモノヅクリでいつでも
 くぐらなければならない関門で、
 ようやく最近日本のクルマはスペック競争から
 脱したところ。
 ついこないだまで虚しい競争やってたのよ〜。
 スズキとダイハツがね、
 どっちの後席の方が広いか、
 ってmm単位で殴り合ってたの。
 どっちにしても軽やから狭いっちゅーねん。
 ひとしきり、虚しいことをやって初めて、
 放蕩息子は「お家が一番」って帰ってくるんです。
 ……なんの話でしたっけ?
 あ、ディスプレイ。
 ま、そうこう言ってるうちに
 有機ELとか新世代のデバイスが
 また取って代わるかもしれませんしね〜。
 今こんなVAだIPSだって言ってるのが
 馬鹿馬鹿しくなるような大革命が起きるかも。
 そうよ、いつの間にか贅沢になっちゃって。
 ブラウン管のあの奥行きあの質量が無くなっただけでも
 幸せに思わなきゃ。
 でも技術ってほんとおもしろいわよね。
 ブラウン管時代も、
 最高の機種は目に優しかったのね。
 ダメなヤツほどフォーカスが甘くて
 表面コートが甘くて部屋の光が乱反射してね。
 今もおんなじ。
 安いのは目に厳しくて高いのは目に優しい。
 つまりいつの世でも、
 「ええもん欲しけりゃ金を出せ」
 ってことね。
 それと、「ええもん」っていうのはつまり
 人間の感覚に訴えるものであって、
 そこを良くするのが、
 一番お金がコストが掛かる、ことなのよねぇ。
 一番目立たないところなんだけど。
 まあ、モノヅクリをしていく上では、
 がんばってこの目立たないところを
 一生懸命よくしよう、と思うわ。
 うん。おばちゃんもがんばるわね。
posted by ながたさん at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月18日

11/17

・ああせちがらいせちがらい。
 最近おばちゃん歳取ったな〜
 と思う瞬間がね、
 「熟女」
 って書いてあって年下なの。
 ああせちがらいせちがらい。
 昨日から読み出した本があってね、
 柚木ティナの写真sy……じゃない、
 まあ、いかにもあたしの好きそうな本。
 またおもしろかったら紹介するけど。
 でその中に、まあつまり
 「元気になりましょう」
 って本なんだけど、
 「ニュース断ち」
 って処方箋が書いてあるの。
 文字通り、一切ニュースを入れないのね。
 あたしも一時本気でそれ考えたことあって、
 でも実家住まいだからさ、
 どうしてもTVも点いてれば
 新聞も食卓に載ってこっち睨むのよね。
 今日昼のニュースでさ。
 京滋バイパスで、
 大型トラックが、
 運転手が携帯電話充電しようとして
 脇見運転してさ、
 ワゴンに追突して、炎上して、
 ワゴンの方亡くなったの。
 それだけでも痛ましい事故なのに、
 絵がさ、
 くしゃっ&黒コゲ
 って絵が昼時日本列島に流されてるのね。
 ご飯時に。
 これはどうなの、と思った。
 こんな絵を流す必要あるのかなあ。
 不条理でしょう。
 もちろん世の中は不条理よ。
 こないだあったわね、池袋だっけ、
 飛び降り自殺に巻き込まれて
 亡くなられた方。
 痛ましすぎるわよね。
 あと病院で人違いで殺された方。
 酷いなんてもんじゃないよね。
 私の人生なんだったんだろう、
 って思っちゃうわよね。
 だけどさ、
 わざわざ……一つ一つ我々は
 そういう事件を、
 知る必要があるのかな。
 それも毎日毎日。
 一週間に一回ぐらいでいいんじゃない?
 そんな話を聞くたびに、
 心が暗くなるよね。
 他のことでさ、あたし達は毎日を
 一生懸命楽しく盛り上げて、
 生きてるじゃん。
 家族友人とバカ話してさ、ゲームしてさ、
 花を飾ったりさ、絵を描いたりさ、
 音楽を聴いたりさ、お酒を呑んだりさ、
 「楽しくする」って、
 実は時間も労力も、
 結構コスト掛かってるよね。
 それがなんでこんなしょーもないことで
 (しょーもない、というのは
  望んでもいないのに流し込まれること。
  事件の中身ではなく)
 どす黒く塗り込められなきゃならんの?
 って、段々腹が立ってきた。
 もちろん、このブログのこのエントリも、
 その一つよ。
 書かないと問題点を明確にできないから、
 書いてるけども。
 いやホントに、ニュースとか、
 webもそうだけど、
 金曜日の夕方、
 一週間の仕事が終わってから、
 ビールでも開けながら見るのが、
 ちょうどいいのかも、と思うわ。
 日本ってさ、
 すごくいい国だと思うのよ。
 あたしが行った外国は
 たった4つしかないけど、
 日本最高よ。
 もちろんダメなところも多々あるけど、
 世界中どこ探したってここにしかない、
 っていいこといっぱいある。
 でも、みんな幸せそうではないわね。
 あんまり。
 幸せそうではない、というより、
 疲れてる。
 それって不幸だと思うのよ。
 アメリカ人とかイタリア人とかご覧よ。
 ものっすごい不満持ってる人も居るけど、
 たいていすぽーんと頭のてっぺんから
 幸せ魂が抜けてってるよね。
 でね。
 状況にかかわらず、
 幸せって、
 幸せになろうとしなければ、
 幸せじゃないのよ。
 それには、
 くしゃっと潰れたワゴン車の絵は、
 要らないのよ。
 もうちょっと真面目に、
 みんなで幸せになろうよ(笑)
 どうやったらみんな幸せなのか、
 それ考えてさ、
 そっち向きに行動しようよ。
 偉そうなモノ言いだけどごめんね。
 でも幸せは、どっかから
 降ってくるもんじゃないわよ。
 チーターも言ってるわ。
 歩いてこない、って。
 なるべくしあわせにいきたいものよ。
 幸せになる気がない連中に、
 足を引っ張られてる場合ではないわ。
posted by ながたさん at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月17日

11/16

・おじいちゃんが、おじいちゃんがー!
 早くよくなってくだされ。
 まだ66ではないですか。
 また元気な姿を見せて欲しいです……

・昨日Leopardのバグの話をしましたら、
 今日Updateが来て
 「はたけ」の方は直りました。
 タイミングいいのやら悪いのやら。
 でもファインダのリスト表示で
 IMが落ちる方は直ってないっぽい。
 まあ、運用でごまかす。

・最近おばちゃんもヘタレてきて、
 喫茶店でアメリカン頼むように
 なっちゃったわ。
 あまり強いの胃がしんどい(笑)
 家でもわずかに粗挽きにして、
 ささっと淹れてます。
 美味しい豆だと、
 それでも美味しいんだよね。
 あと最近変わったことと言えば……
 作業中音楽聴かなくなった。
 あ、喫茶店とかで
 隣のおばちゃんの声がうるさい時は
 相変わらず聴きます。
 あと歩いてる時も。
 いや歩いてる時は最近半分ぐらい
 聴いてないなあ……
 といってもtouchの出番が
 減ったわけではなく、
 「聴く時はちゃんと聴く」
 という感じです。
 寝ころんでボンヤリしながら
 音楽だけ聴く時間。
 より正確にいえば、
 ボンヤリしてる時間に、
 音楽を流してるという感じですかね。
 話元に戻しますと、
 仕事への「入り方」が
 変わったからかもしれん。
 以前は、テンションを上げて、
 「よぉしやるぞぉ!」
 という感じで取りかかりました。
 ロッキーのテーマでも流れてくる感じで。
 でも今は、そうじゃなくて、
 すっ、という感じで、入る。
 さっきまでコーヒー飲みながら
 TV見てボンヤリしてたのに、
 数秒後にはもう仕事に集中、
 てな具合で。
 スイッチを切り替えるというよりも、
 常にCPUではたくさんのスレッドが走ってて、
 もちろん仕事エンジンも休んでる時も
 ずっと動いてて、
 バックグラウンドに回ってるだけ、
 なんです。
 それを前面に持ってくるだけ。
 新しく立ち上げるのではなくて。
 そう考えると、
 威勢のいい音楽を掛ける、だけじゃなくて、
 部屋の明かりを変えるとか、
 コーヒーを用意するとか、そういう
 スイッチングのような
 「わざわざなにかをする」
 ことが、ちょっと逆効果になったりする。
 さっきまで仕事してて、今寝てて、
 今ゲームしてて、また仕事してる。
 いつのまに。
 みたいな。
 メリハリをつけろ、なんて言われますけど、
 あれホントですかねぇ。
 あたし生まれてこの方メリハリなんか
 ついたことないですよ。
 んでも生きてる。
 私、毎日散歩してて、
 これだけが健康維持のたった一つの
 習慣なんですけど、
 これを毎日続けるコツは、
 「歩く」以外のことを
 一切考えないことです。
 速く、とか、どこまで、とか、何歩、とか、
 フォーム、とか、持っていくもの、とか。
 も、それを考え出すと、
 どんどん「用意」がおっくうになる。
 どんなに短距離でもダラダラでも、
 「歩かない」よりは1億倍マシなんです。
 0よりは、1でも2でもの方が。
 仕事へのとっかかりもたぶんそうで、
 巧くやろう、とか、効率よくやろう、とか、
 気合い入れてやろう、とか、
 そんなことよりも、
 たった一つの最も大切なことは、
 「やる」ってことだと思います。
 だから、「やる」障害になりそうなことは、
 極力避けた方がいい。
 そのコーヒーを飲んで始める、
 ってことは、
 そのコーヒーを飲まなきゃ始まらない、
 ってことと紙一重なんですね。
 いつしか裏表逆になってたり、します。

・と、今日も自分に言い聞かせて、
 フラフラと歩く。
 すみませんね、最近テンションが低くて。
posted by ながたさん at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月16日

11/15

 あー……しんどいわー……
 あ、しんどいしんどい言うてたらあかんね。
 楽しい! 嬉しい!
 そして、想いや〜〜〜〜!
 ああ。
 ちょっとスッキリした。

 ここんとこなんか忙しいので、そうすると自分がなにやってるのかわかんなくなってきます。
 昨日は仕事中、ちょっとした隙にMac系のweb見てて、例の「はたけ」バグ(Leopardのことえり(IM)のバグで、「はたけ」と入力して変換しようとするとシステムフリーズ)のこと読んでて、なにを思ったか
「ためしてガッテン!」
って思っちゃって、試しちゃった。
 めっちゃガッテンしましたよ。ガッテンガッテン!って電源ボタン押しちゃった。
 なんで仕事中にそんなこと思いますか。
 ま、エディタが自前のバックアップ持っててくれたから事なきを得たんですけどね。
 あーあとファインダ(エクスプローラみたいなもの)でリスト表示・カラム表示の時にファイル・フォルダ名を変えようとするとIMがリブートする。これはATOKでも起きる。
 なんでや(笑)
 まあそれ以外は順調ですけども。

 あそうそう、またおばちゃんの細かい悩み聞いてくれる?
 ウィルスソフトのことなの。
 今バスターさんなんだけどなんとなくフィーリングが合わないので、ノートン先生に戻ろかな、と思いきや、今のノートン先生はWin2000に対応してないのね。
 我が家にはまだWin2000機が2台現役なのよ。使用頻度はそんなに高くないんだけど。
 さあそこで……OSの入れ替えってめんどいからやりたくないし、バスターさん延長が一番まっとうな解決策なんだけど、XP機だけノートン先生にしてあとはフリーの試してみるか、とか……
 いろいろ。
 しかし年間4700円ぐらいって高いな。安心料とはいえ。これも月にコーヒー一杯の値段で安心が買えます、と言われるとそーかそーかと思ってしまう……マジックですな。

 細かい悩みに疲れたのでふらりとデニーズ行ってみたら、ドリップコーヒーだけが220円でボトムレスサービスに変わってた。他は1杯。あとは320円で選び放題飲み放題形式継続。
 確かに、コーヒー飲みってコーヒーしか飲まないんですよね、ああいう場合ね。その場合320円になってちょいと割高だったから嬉しいかも。それより以前は280円おかわり自由だったから個人的には嬉しいんだけど、242円で粘り続けて紙おしぼりとお水までもらっちゃうとなんだか悪いな……ドトールでさえM頼むと230円ですからねぇ。
 いいんですか?飲んじゃいますよ?
 デニーズだけはなんか損させてる気分がすごくしていつも申し訳ないです。
 ほななんか食えーーー!

 プレミアの試合また見てもた。マンUvsローヴァーズ。いやあ……おもしろかった。ユナイテッドも強いのコレ。結局2−0で勝ったのですが、ローヴァーズも非常にいいチームでミスも少なく、それでもセットとカウンターで2点もぎ取られてあとは手も足も出ず。
 ユナイテッドの前線、あれ反則ですな。テヴェス、サハ(本来はルーニー)の2トップにクリロナとギグス。テクニックに秀で個性の違う4選手が、どこから誰が出てくるかわからないので、どうにも止めようがない。ああなるとオーソドックス4−4−2は強いんだよねぇ。全員の守備意識も高いので、ボールが渡るとささっとプレス掛けてちゃっ、と奪っちゃって、ローヴァーズ守備はともかく攻め手が全然無い、という感じでした。
 いやこれ見てると日本人がめざすべきはプレミアみたいなサッカーじゃないかと思いますね。勤勉で丁寧で走れるんだから。もちろん稀に生まれる天才系も大事にするとして、基本はこういう黙々と走りミスをせず大事にボールを扱う選手で組み立てるのがよいのでは!
 啓太とかぜひプレミアに挑戦してもらいたいです。
 来週はアーセナルとチェルシーの試合やってくれるそうです。要チェック。
posted by ながたさん at 05:38| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月15日

11/14

・「かぐや」の番組観ましたか。
 地球の出地球の入り。
 素晴らしい映像でしたな。
 CGか思いました。
 CGだったりして……
 いやー、ほんとあの地球、
 ちっちゃくしてケータイストラップに
 つけたいぐらい美しかったですね。
 なんでこんな素晴らしい映像が
 45分番組で司会が文珍兄さんなのか……
 日本はね、
 その、科学技術のプレゼンテーションが弱すぎる。
 こんな素晴らしいことをやってのけてるのに……
 なんで文珍師匠やねん。
 ただの一人もおらんのか
 カール・セーガンみたいな存在は。
 あーもー。
 まあ、美しかったからよかったですけれども。
 これはまだまだ序の口で、
 これから体勢を整えてボリボリ調査進めてくれる
 らしいですよ、かぐやちゃんは。
 がんばっていただきたい!
 JAXAのみなさんも!

・その番組あるで、と教えてくれたのは
 まさにそのかぐや周りの仕事をしてます
 宇宙エンジニアの友人なのですが、
 こいつが若い頃から趣味は
 キリスト教と天体観測という
 ナイ・スガイで、
 結局そのまま宇宙関係の仕事に就いてしまいました。
 そういう、小さい頃からの夢が仕事になる、
 っていうのは、羨ましいですなぁ。
 思い続ければ叶うものですよ、うんうん。

・あ、浦和がACL優勝しましたね。
 おめでとうでござる。
 このまま大会が大きく発展し権威づけられていって、
 UEFAのチャンピオンズリーグと同じぐらい
 盛り上がる大会になるといいですな。
 リーグ戦の優勝が怪しくなってきたら
 ACL狙いに切り替える、ぐらいには。
 あれ観てると、
 たとえばリヴァプールのサポーターが、
 CLであんなにいい成績残してるのに
 リーグで勝てないと納得しない、
 という気持ちがわかりますな。
 ちょっと遠いんですよね、自分たちから。
 でも、まだまだこれからでござる。

・ホンダF1の代表に
 ロス・ブラウンと来ましたか。
 そりゃすごい。
 ミハエル時代のフェラーリの
 無敵のテクニカルディレクターでござる。
 バナナがお好き。
 こりゃ来年は期待できそうですな。
 頭変わるとねー、組織変わるもんねー。
 セレッ……
 いや! 今年は3位に滑り込んで入れ替え戦じゃー!
 エンジン開発が10年間凍結されるとか、
 ありえない案も出てきちゃってるぐらいで、
 ルノーはいつ止めてもおかしくないらしく、
 (すでに予算はアロンソ時代に比べると
  激減してるそうな)
 ホンダも止めちゃうんじゃないかな、
 なんて思ってましたが、
 まだまだやる気満々でホッとしました。

・風邪の時はポカリスエットなんかで
 水分補給に努めるのですが、
 あれも飲み過ぎると胃もたれがしますね……
 糖分自体はものすごいあるらしくて、
 それが負担になるみたいです。
 なんでも、それひとつに頼るのはよくないね。

・そんなこんなで、毎日フラフラと。
posted by ながたさん at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月14日

11/13

・稲尾さんが亡くなりましたねー。
 名前が同じ和久なので親しみあったんです。
 元広島の左腕、川口和久投手は、
 お父さんが稲尾さんのファンで
 その名がつけられたそうですよ。
 なんたって
 「神様仏様稲尾様」
 ですよ。
 日本シリーズ3連敗からの
 4連投4連勝。
 ヒーローすぎる(笑)
 こんな呼ばれ方する野球選手、
 後にも先にも稲尾さん一人のような
 気がするなあ。
 名前の入る格言を残すだけでもスゴイよね。
 あと「権藤権藤雨権藤」ぐらいしか知らん。
 これは格言じゃないか。
 それも格言じゃねえや。
 まあ、42勝なんてさせようと思っても
 もう絶対できないでしょうから、
 その名は永遠に。

・また風邪ぶり返して来たー!
 なんだコイツは(笑)
 こっちはなんのミスもしてないのに
 いきなり帰ってくる。
 これひょっとして、
 ウィルスの変異速度が
 異常に早まってる、
 とかそんなイヤな現実じゃないでしょうね?
 あるいはこちらの免疫を追うように
 耐性を強めていくウィルスとか。
 36年生きてますがこんなタイプは
 初めてなので、ちょいと面食らっています。
 とほほ。

・最近は
 3時間を1ユニットとして、
 24時間を8ユニット、
 うち睡眠休息3ユニット、活動5ユニット。
 活動のうち3ユニットが仕事で、
 あと2ユニットはあそび。
 そんな感じでやってます。
 生活リズムが崩壊してるもんですから、
 何時〜何時仕事、とかそういうのが
 あまり適さないのです。
 自宅者でもあるので、家の用事が
 食い込んできたり。
 そんな時に、
 「朝買い物行ってやってないから、
  夕食後1ユニットやっとくか」
 とかそんな感じ。
 「3ユニット」と聞くと簡単そうですが、
 案外ギリギリで、
 (まあ当たり前で、
  会社なら9時〜7時に相当しますから)
 昼起きてぼけーっと
 夕食までダラけてますと、
 もうそこであそびの2ユニット
 消費しちゃいますから、
 あとはまぶたが落ちるまで
 ずーっと仕事せねばなりません。
 夜FFがやりたかったら、
 あれ簡単に2ユニット消費しちゃいますので、
 もう起きてからずーっと仕事せねば、
 できません。
 自己管理が得意な方なら、
 連続時間バーをイメージしたり、
 90分コマ単位で管理したり、
 できちゃうのかもしれませんが、
 こんな風な「5つの区切りのうち3つ」なんて
 アバウトなのも、いいと思いますよ〜。
 まあ、このように、
 フリーにゃフリーのめんどくささが
 あるものです。
 あ、学生さん、浪人生、
 資格試験勉強の方とかにもいいかも。
 「全部それで」という生活は、
 なかなか長続きしないものです。
 よく言われることですが、
 1日100やってあと6日休むより、
 5日30ずつやって2日休むほうが、
 ずっとモノができあがるのです。
posted by ながたさん at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月13日

11/12

・おばちゃん素朴な疑問あんねん。
 なんであのバイアグラのスパムは
 似たような文面なのに
 強力なスパムフィルターを
 すり抜けてくるの?(笑)
 西欧人はあの広告を嫌がらないのかなあ、
 とか変にうがってしまいます。

・リュックベッソン
 最近、アウトドアブームも
 下火になっちゃったからか、
 リュックが手に入らないんです、
 リュックが。
 いや、売ってるのは売ってるんですけど、
 PC売り場ではPC用のほんとゴツゴツした、
 僕も使ってますがTargusとかので、
 アウトドア屋行きますと今度は
 ホンマに山行くアタッカー。
 街用、が知らない間にすっごく減ってて、
 街用というといきなりほんと
 小綺麗なしかし実用に耐えなそうな
 布細工ばかり。
 ちょっと前まであれほど
 アウトドアグッズ専門メーカーが
 街用を出してたと思うのですが……
 というか、それを取り扱ってくれる
 店が減ったようです。
 悲しいなあ。
 まあ、流行廃りは世の常とはいえ。

・ちょっと前に
 三菱のボールペン
 「JETSTREAM」がいい、
 と申しましたが、
 これ実際すこぶる快調で
 とても気に入ってたのですが、
 昨日ぷつっと寿命を迎えました。
 早すぎる。
 外から見てる分には
 まだインクありそうなので、
 ボール寿命か、
 はたまたインク乾燥か……
 滑らかな書き味のために
 インクそのものを緩めてる
 感じもするので、
 消費量が多いのかもしれません。
 初物の宿命ですな。
 残念でしたが、書き味は抜群なので、
 依然オススメです。

・例のアクオスPシリーズなんですけど。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1029/sharp.htm
 「枠がギラ白なんてありえねぇ〜」
 とうめいてたんですが、
 ふと手元を見ると、
 おやあたしのキーボードとマウスは
 白と銀色だわ?
 ぴったりやん。
 またそうやって物を買う理由を探す……
 さあ問題は22で高精細を楽しむか
 26でTVの迫力を楽しむか。
 おほほ、悩むわー。
 18万もするもの買えるかー!
 「いいモニタ」というものは
 常に20万するブツのようです。
 しかしSHARPは昔から
 「赤いTV」に異常にこだわるな。
 なんだろう、あれは。
 昔、シャアがいたのかな。

・BSでプレミアリーグの試合
 やってたのでビックリ。
 リバプールvsフラム。
 プレミアいいですねー。
 基本に忠実でね。
 スピーディで闘志溢れててね。
 リーガみたいな
 目もくらむ必殺技の応酬、
 はあんまり無いんですけど、
 「そこで逆サイド!」
 なんて思うとちゃんと
 ポーンと出て決定機になってね。
 しかも今は本当に世界最高の
 選手達が揃ってるから、
 ミスが無いんだ、ミスが。
 あっという間にハーフが過ぎます。
 スペインやイタリアでちょっとある、
 ファウル絡みでの芝居がかった選手の所作、
 サッカー好きにはあれはあれで
 文化としていいものなんですけど、
 確かにスポーツマン的ではないですよね。
 見てて気持ちいいものでもないし。
 それもずっと少ない。
 サポーターもいいですな。
 熱狂度という意味ではどこも同じだと
 思うのですが、一体感といいますか。
 ほんとに一体となって戦ってる、
 って感じがします。
 まあ特にアンフィールドですからね、
 特別でもあるんですけど。
 (リバプールは「レッズ」と呼ばれ
  日本のその愛称のチームと同様
  熱いサポーターで有名です)
 スペインなんかで好まれる
 テクニカル・タイプばかりではなく、
 パワフルなアスリート・タイプの選手も
 たくさんいて、
 アメリカ、ウクライナ、イスラエル、
 フィンランド……
 多様性に溢れてます。
 もちろんテクニシャンも居るし。
 イギリスはやっぱこういう
 プロデュースをさせると巧いですなー。
 イングランド代表がね、
 今08欧州選手権に出れるかどうか
 すごいピンチなんですよ。
 で、スタッフが憔悴しきって
 「だってプレミアリーグで
  イングランド人活躍できてないもん……」
 と涙目。
 そのぐらい、世界中から
 よいものをかき集めているのです。
 別にリーガの悪口言いたいわけでは
 ないのですが、
 大航海時代に金と胡椒ばっか集めてた
 スペインと、
 なんといいましょうか、
 文化まるごと
 かっさらってきてた大英帝国と、
 の差があるように思えたりしました。
 どっちがいい悪いじゃなくてね。
 うーん……有料放送観たい……
 でもきっと入れるとそんなに観ない……
 がんばれNHK-BS、って感じで、
 週一その週ベストを録画でいいので
 「これが世界だ」
 ってのを見せつけてもらいたいものです。
 まだ2回ぐらい放送予定あるみたいなので、
 ぜひ皆様も一度。
posted by ながたさん at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年11月12日

11/11

・あぁおばちゃん一杯悩むことあるわー……
 今もブリタの浄水器使ってるんやけどね、
 新型が出たのよ。
 これがね、カートリッジから違うの。
 そのカートリッジにこれから
 全部なってくみたいなの。
 これをどうしようかと、思ってねー。
 新しいの買うとね、
 古いのはもう機能的に
 意味をなさなくなるじゃない。
 でもなんら困ってないのよね。
 でも新しい方がやっぱり、
 良さそうではあるのね。
 「水圧コントロールでより的確に濾過!」
 みたいなことが書いてあるのよ。
 ちょうど今最後のカートリッジが
 切れかかっててねー。
 次に3本パック買うと、
 1本で本来8週間なんだけど
 うちは日に1回使うかどうかなので
 3ヶ月使うから、9ヶ月後なのよ。
 車検取るときの気持ちに似てるわねー。
 「あと2年こいつでヨロヨロ行くのか……」
 と思うとついつい新車に手が出てしまう。
 エコなご時世だけどさ、
 「これの方がもっとエコです!」
 って言われて買い換えて前の捨てるのは、
 どうなのかなー?
 よくわかんないね。

・気がつけば紅葉も真っ最中で、
 長居公園も彩り華やかです。
 今朝は、パン屋さんで
 マルガリータピザパンと
 サンドイッチを買って、
 ミルク飲みながら
 もみじをめでました。
 ちょっと寒かったけど。
 そうだ……
 僕の行き付けの喫茶店は、
 風景のいいお店は無いなあ……
 街に住んでて贅沢は敵、かな。
 なんだか嬉しかったので、
 朝晩で2周してしまいました。
 セレッソも4-0の大勝ですぜ旦那。
 あと3つ、草津、水戸をきっちり捌いて
 東京Vが昇格決まってて二日酔い……
 ぜひ!

・昨日書いたJeditの件ですが、
 どうもなんか2種類以上の
 ぜんぜん違うプロパティの
 (背景色とか、フォントとか)
 書類を触ってると
 ものすご負荷掛かるみたい。
 1種類だけ開いてずーっとやってる分には
 大丈夫、っぽい。
 まあ、しばらくそれでしのぎます。

・バッファローコクヨサプライ、
 つまりブランド的にはアーベルの
 USB-ACアダプタ買ってみました!
 これも鳴ります!
 思わず笑ってしまいました。
 エレコムのよりは小さい音なんですけどね。
 まあ、諦めました。

・昨日よりまた久しぶりに
 20インチディスプレイ繋いで作業。
 ん〜、やっぱファイルいじくる操作は
 でっかい画面効くわ〜〜〜。
 11/22のアクオスPシリーズデビューが
 待ち遠しいぜ!
 「アルタナ」買わなあかんし
 梅田ヨドバシにでも出向きますかね……
 
posted by ながたさん at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき