2008年09月05日

機材「BUFFALO Giga対応 電源内蔵 8ポート スイッチングハブ LSW3-GT-8NS」



いや、ちょっと別のもの買いに行って、魔が差して
「そういえば新PCはギガビットイーサだし、
 ここいらで一丁ハブもギガに!」
と買い求めてしまいました。
しかしAmazon安いな、買った店よりこんなものでも1000円も安い。
金属筐体(ファンレス)&電源内蔵は当然のことでして、
ここケチったらあかんよ、
ハブとかね、特にインフラ系こそケチったらあかん。
末端機材の不調はなんとでも都合付くけど、
インフラが不調になると原因究明に時間かかる。
PCでも不調になって一番難儀なのは電源でして、
むしろHDDクラッシュなんかは被害が大きいですが
問題はすぐ解決する。
電源がよくないと様々な不調が不定期に現れ、
まさに不定愁訴。
「このPC調子悪いけどなにが悪いかはよくわからん」
という時はまず電源を疑った方がいいです。
と、横道に逸れましたが
使ってみてオドロキ。
web速えー!(笑)
いや体感でわかるぐらいブラウザがキビッと表示され、
我が家の100BASE-Tとそのハブでは
長年光回線の実力を発揮できなかったことを知り、
情けないやら恥ずかしいやら申し訳ないやら。
ギガハブ、
5ポートモノでも5000円近くしますし、
PCの方にカードで増設するのもやっぱり数千円は必要ですから、
そこまで投資するのはアレかと思いますが、
新しいPCを買ったり作ったりして
それにギガな穴が開いてる場合、
そして回線が光やCATVなど高速モノの場合、
使っただけの効果はありますよ。
いや、おみそれしました。
posted by ながたさん at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル・ガジェット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22927500

この記事へのトラックバック