2009年01月04日

ヒトもJIT

年末の雇用不安についてニュース見てて思ったんですけど。
短期的な手当はそれぞれのケースについて
必要だと思いますが、
これは長期的に見ると、二つ問題が明らかで、
一つは人もジャスト・イン・タイム、
モノやカネが極力在庫持たずにその場その場で
必要な分だけ手にするのが最高効率だ、
と今んとこ一応信じられてるわけで、(結果も出てるし)
となれば当然、
「取り替えの利く部分」の人材も
カンバン方式で欲しい時に欲しいだけ手にしろ、
となりますよね。
日本だけでなく世界的に。
これは好不況の波を雇用がモロに被ってしまうということで、
だって去年の春は就職戦線など
超・売り手市場で採用担当の友人がボヤいてましたもん。
学生がたいしたことねーくせにえらそー(意訳
って。それが半年で内定取り消しですからねぇ。
極端から極端ですよね。
これどっかでバッファすべきなのか、
それともそれはしないで、
労働力も流動するのが当然という形で社会を作り替えていくか。
労働者の権利を強くしすぎると、
これまたフランスのように若いのが雇ってもらえない
(雇うことそのものが大きなリスクになる)
ので話が難しい。
どっちにしろ、こっちの流れだ、
つまり労働力流動性が大きくなる一方だ、
というのは当面変わりようもないので、
それを前提にした議論をせねばなりませんな。
流動させない方向だと自然の流れに反するので、
相当なコスト覚悟しないといけませんし、
ほったらかすと、今問題になってるような
ことになっちゃうわけで。
難しいですね雇用はね。
ピラミッドも、
あれは農閑期に農繁期の富をタイムシフトさせる
公共投資だったんじゃないかという説があって、
その頃から為政者は雇用問題に
頭を痛め続けているのです。

あともう一つは、要するに、
「仕事が減ってる」
ってことがありますよね。
作業の効率化がITや技術革新の力で進む一方で、
「力尽くで人間が必要だった」
って部分からどんどん人力が排除されてます。
もちろんこれからもそうでしょう。
変わってじゃあそうでない部分に
仕事が創出できてるかといえば、
これまた難しい。
むしろ世界全体で、
特に力尽く部分を外部にアウトソースできる先進各国では、
「仕事は減る一方」
という前提で議論を進めた方がいいように思います。
それは一面考えれば
「みんな遊んで暮らせるニコニコ社会」
への道のりかもしれません。
ただ、単純なワークシェア方向っていうのは
たぶん無理で、
今でもそうですがその方向にすると
優秀な人材に負担が過剰になり続けるだけで、
なんにもいいことない。
残業するなといえば持ち帰るだけでね。
どっちにしても今現在の、
システムの重要部分を触ってる人間に
異常な富が集中してしかし使えないほど労働疲弊してて、
それ以外の人は
仕事もなければ金もないただ暇はある、
というのをこう、
なんとかせなあきませんなぁ。
その時、繰り返しですが、
「仕事は減ってく」
ことを前提に話進めないと。
公共投資が、以前ほど効かなくなってるのはたぶんここで、
やっぱり建設業もどんどん効率化進んでますから、
同じ金額突っ込んで頭割りする人の数が減って、かつ、
偏ってる、んだと思います。
で、人足寄せ場のおっちゃんに相変わらず仕事なくて、
ゼネコンの株主に目を剥くような配当が出る。

そうそう、株と言えば、
円高もデフレも要するに
「今お金持ってて遊んでる人」
という層にとってありがたいことなんですよね。
でもってこれが団塊の世代がリタイア直後で、
相当数いるんだこれ。
退職金と、まだ機能してる年金と、
金利高かった頃から塩漬けしてある貯金・保険、
そして苦労して買った不動産を握りしめ。
もちろんそんなこと今口に出すと反発喰らいますから
黙って、
韓国に買い物行くわけですなぁ。
この人達にね、
お金使わせる施策、
もちろん巻き上げたりしちゃダメですよ、
喜んで使っちゃうような方策、
これを考えねばなりませんな。
ある人が
「勲章を金で売れ」と。
金の次に欲しいものは名誉ですからな。
それもマジでアリだと思います。
あるいは公立保育園の一口オーナーみたいなので、
お金出すと園児が出張してきてくれて
触れあいタイムとかね(笑)
こないださ、
NHKでやってたんですけど、
カンボジアに井戸掘るとその井戸に名前つけてもらえるんですって!
嬉しそうに初老の男性が
住民達の拍手と感謝の視線を浴びてましたよ。
それなにもカンボジアでやる必要ないですよね。
いややってもいいんですけど。
この児童公園補修に1000万掛かる、
俺が出した、
10年間「ながた公園」
とかそんなん全然アリやと思いますけどねぇ。

大変だ大変だと言ってるだけでは
何にも解決しません。
お金を回す具体策を検討しましょう。
posted by ながたさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24767604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック