2009年01月05日

ナイスママさんパス

昨日の雇用についで今日は少子化対策。
くだらないアイデアなんですが聞いてくれますか。

要は減らなければいいわけで、
ママさんに「3人」産んでもらいたいわけですよね。
2人では現状維持なので、事故病気などのリスク考えると。
でも、ご夫婦の視点からすると、
3人目はやっぱ心理障壁大きいんですな。
2人目はまだ兄弟姉妹がいるといいね、
ってことになるんですけど。
だとすると、これを取り除けばいい。
だもんで、3人目を産んだママさんに
「ナイスママさんパス」を差し上げて、
一生涯一部公共サービスをタダにする。
これで。
公共交通機関タダ、住民票や印鑑証明取りに行ってもタダ、
免許の更新もタダ。
医療と教育を絡めるとちょっと生臭いので、
そのへん線引きは難しいですが、
まあ、「あっ、持っててよかった」というシーンが、
日常にぽつ・ぽつとある感じで。
ポイントは「3人目」っていうところで、
これ0と1の間に引くのは絶対だめ。
あくまで
「2人いけるんでしたら3人目いきましょうよ、ね!」
というのがコンセプトです。
また、4、5と増やしてもメリットはないので、
そこはどうぞご自由にと。
もう一点は「本人のみ」ってところです。
これ家族対象にすると社会プレッシャーが掛かってよろしくない。
配偶者だろうと家族だろうと、
他人の損得になんて人間なんの興味もないので、
本人だけがちょっぴり得をすると聞いても、
「あ、そ」てなもんです。
まあできますれば、
がんばった・てるママさんの証として、
民間企業にもご協力願って、
パス見せればマクドのポテトが30円安いとかね。
ちょっとしたことでいいんです。
今の話要するに
「負担を少なくする」とか
「家族にお金を」とか
「子供達に豊かな環境を」とか
そんな話ばっかりで、
肝心要のお母さんにメリットが薄い。
まずこの人、この当事者ナンバーワンにですね、
「ああ、あのパス欲しいな〜」
と思ってもらう、そういうところからいきましょう。

私長男なんですけどね。
家制度が崩壊して、
ま個人の自由が増えたのはいいんですけど、
人の世ってそんな簡単なものじゃないですから、
やっぱり長男には責任あるんです。
義務も多い。
なのに、なんのメリットもない。
(少なくとも法律上は)
これがね、世の長男長女がクサクサするとこなんです。
俺・法事、弟・デート、
財産分ける時半分こ。
アホかと。
これは公平とは言わんでしょうこれは。
そういう社会のしきたりがあることは否定できませんし、
またする必要もないですし、
いいこともありますけど、
コスト掛かってるのは現実なんですから、
コスト分のリターンをよこせと。

それが子供に関しても同じ事で、
やっぱり昔はお母さんは、
子ができなければ白い目で見られたり、
そうでなくても姑さんにイビられたり、
したでしょうけども最終的には最高権力者
「家刀自」
に出世して全権をふるうわけです。
東は知らんが関ヶ原からこっちはそうだ(笑)
やっぱりその、子供つくっただけの
強大なメリットがあった。
今そんなもん無くなってて、
でも子供は作ってください可愛いでしょ?
ってそんな都合のいい話ありますか。

要はカタチなんです。
そんなべらぼうなメリットでなくていい。
ちょっとした、目に見える形で、
「あなたは頑張ってくれてます」
という感謝の印をですね、
お母さん達「本人に」与えてあげた方がいいんじゃないかなあ、と。
今ないんで。
産休が取れなかろうと保育園が足りなかろうと
医療が教育が日本の行く末が不安だろうと
地球が温暖化しようと、
「そんなの関係ない! 子供欲しい!」
と「おかあさん(予備軍)が」思うような
「具体的な」なにかが、
必要なんじゃないかなあ。

あ、ちなみに思い切って3人目をつくったお母さんからは
「3人目は可愛い!」
とよく聞きます。
2回やって手慣れてるので負担感が小さいのと、
上の子達への影響も大きいのと、
やっぱり5人以上の家族になると
相当賑やかになるからのようです。
3人以上のきょうだいで育った人は
3人以上つくるのにも割と抵抗がなくて、
やっぱり結構いいものなんですよ、きっと。

posted by ながたさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24768724
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック