2009年01月07日

ヒートテック

わたしゃね。
「下着は木綿100白一択!
 それ以外は認めませんよ!認めません!」
という頑固親いやお兄さんだったんです。
そういう頑固者を言葉で説得するのは不可能で、
現物をぶち当てるか現実を見せつけるかしかない。

鉄心さんのお宅にお邪魔しましたところ、
朝、彼が長袖肌着姿でゴロゴロするんですよ。
いかに剣道で鍛え抜いた不死身の身体と言っても
冬の岐阜の山の上の朝は寒い。
「それはなんだ」と問う暇もなく彼吼える、
「これが『ヒートテック』さ!」
そう宇宙最強の化学企業の一つ、
この会社が潰れると飛行機が飛ばなくなる会社
東レ開発の新素材、
それを売るなら俺達に任せろな社名その名もファーストリテイリング、
ブランド名ユニクロが下着に仕立てたブツ。

http://store.uniqlo.com/jp/store/feature/heattech/

信頼できる親友が心酔してる様ほど
心動かされるものはなく、それを見た瞬間
「明後日の有明にはこれを導入するしかない!」
と帰り天王寺のあの狭い店舗で人波に揉まれながら買いました。
ホントは下が欲しかったんですが下ちょうど品切れにて
長袖の上だけ。
早速翌日着込んで東京へGOですよ。

これがあなた。
すごい。
「暖かい」ていうのとはちょっと違って、
「寒くない」かな。
こういう機能性下着を見てイメージしますのは、
もうなんかとにかく暖かくて、だから暖かい場所にいると
汗掻いちゃうようなものでしょう?
違うんです。
そんなこと全然無いんです。
そのくせ、
「……あれ、このシチュエーションはひょっとしたら
 寒いはずなのに寒くない?」
たとえばホテルの部屋。
って、適温に自分でエアコンで調節してくれ、
と基準温度は低めですよね。
肌寒いぐらい。
これあなた真夜中エアコン切って
下着のまま上半身布団から出してボケーッとしてても
ぜんぜん寒くない。
翌日本番は幸いにも気温が比較的高かったのですが、
僕がその時着てった服はスーパーで買った安物でして、
裾が開き気味でここから寒風入って寒いんです。
いつもは。
それがあなたヒートテック様のおかげで
寒さ知らずですよ。
しかもね、
機能性素材と言えば真っ先に思い浮かべるのは
ゴアテックス、あんな感じで、
化学繊維化学繊維あるいはゴワゴワ、してるかっていうと
まるっきりぜんぜんそうではなく、
柔らかく優しい肌触り。
人類が大昔のインドからつきあってきた
天然素材・木綿よりも遥かに!
むしろ温度管理を別にして、
この肌触りだけを欲するために
ヒートテック・インナーを着ける、
そんな選択肢もありだと思うほどです。
もちろん先ほども言いましたが汗で蒸れるということもなく、
いや、意味わからないです。
どういう仕掛けなのか(笑)
これは本当に、東レの魔法だと思います。
2008年の最後に、
ダイソン様がご光臨なされたのと
同じぐらいのサイエンス・ショックが
私を襲いました。
科学は日々僕らの生活を豊かにしていますよ!!
来年はこれを使った室内履きなんかも
ラインナップしていただきたいかなぁ。

ということで寒さに弱い方、
ヒートテックにチャレンジしてみられては?
posted by ながたさん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき
この記事へのコメント
割と頻繁に読ませてもらっているミラクルズサポーターです。
「心の守護神」のページが読めなくなってしまっているようですので、できることなら復活をお願いいたします。お願いついでに、美緒メインのお話も期待しています。
空気読んでないコメントですいませんが、よろしくお願いいたします。
Posted by 一読者 at 2009年01月07日 02:06
おお、いつもありがとうございます。
「心の守護神」ですがすみません、あれダウンロードとかで売ろうかなー?とか欲出してまして、今降ろしてます。リンク放置して申し訳ありません。

それからキャプテンはですね、えーあとだいたい9冊ぐらい?かな?先です(笑)その分彼女はどの話でもちょこちょこ美味しいとこ持っていきますので、それをお楽しみいただければ、と思います〜。
Posted by ながたさん at 2009年01月07日 19:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25049430
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック