2006年06月12日

「脳内アンヌ隊員」

Photo_4


「NEW MAD TAPE」の名作の一つに、「ウルトラセブン」と「あしたのジョー」の名場面をつなぎ合わせた、

「アンヌ……ぼくは、ぼくはね、人間じゃないんだ。
 M78星雲から来た、ウルトラセブンなんだ!」
「ダン……今すぐ精密検査を受けてちょうだい!」

てのがありました。
まあ、普通そうですわな。

ひし美ゆり子さんはアンヌ隊員のイメージが大きすぎて悩まされたそうですが、クリストファー・リーブのスーパーマンやマーク・ハミルのルーク・スカイウォーカーを引くまでもなく、一役でも当たり役があった、というのは上出来すぎる役者人生ですよ。
posted by ながたさん at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イラスト

2006年06月08日

W杯2006マスコット

Photo_6



たしかこんな感じだったと記憶する。
「ゴレ美」と「ファイザー君」。

オフィシャルサイト

もうなにも手につきません。
オランダの中盤はどうなるの。ルーニーはどのへんで投入されるの。アンリと組むのは誰?メッシ動けるかな。ガッツさんがケガってホント?そして炸裂せよヘナギサイクロン。あれでみんな新喜劇なみにズッコケてる間にスシボンバーが詰めて一点……本当のヤキソバを教えてやる!

ああ。
posted by ながたさん at 00:58| Comment(3) | TrackBack(0) | イラスト

2006年06月05日

おばちゃんの効率とウルトラセブンについて

最近なんか、文章の書き方を忘れてる。
なんか書けなくて、地にペンがつかなくて、毎日「あれ?」とか思っています。

ほら、極まり尽くしちゃった弓の達人に弓を見せたら
「これはなんでしたか?」
と尋ね返されたというあの逸話のように。

認知症かな。

でも、いろいろ考え尽くした細かい戦術や戦法がすべて溶け込んで、「どうやるんですか?」と問われても答えられない、というのがひとつ完成された姿だとは思います。
「あのプレーはどうやって出たのですか」「いやとっさに」

●貯まってたNHK「プロフェッショナル」をまとめ見ました。
ライティング・デザイナー、清水商監督、樹木医のおばちゃん。
どれも面白かったのですが、おばちゃんの異常なバイタリティが異常でした。
トム・クルーズ主演「宇宙戦争」でも描かれましたとおり、大阪のおばちゃんは宇宙最強の生命体なのですが、大阪に限らずおばちゃんというのはなんかそういう、部分的ながらもムチャクチャに効率的なシステムを持っています。
あの喫茶店でしゃべりまくるときのあのエネルギー。
人間はまだ蛍の発光効率を実現できてなかったと記憶するのですが、おばちゃんのあのエネルギー効率を上手く分析し活用することができるなら、もう石油に頼らなくていい、そんな温かい予感さえします。とりあえずは

・よく寝ること(特にシエスタ)
・五月雨式にエネルギー補給をすること(脳にブドウ糖を絶やさない)
・人のことを考えすぎないこと(すこしは考えてくれ)

この3点ぐらいでしょうか。
見習おう。

●同じNHKBSなのですが、ケムさんとこの日記で知った
「押井守監督がウルトラセブンについて語る」
という番組を見ました。
語ると言うよりアンヌ隊員周りで照れまくる押井監督を見て楽しむ変態番組でした。
では、と思いイラストでも描こうかな、と資料を漁れば、ウルトラ警備隊の制服ってカッチョイイんだこれが。今でも全然通用する。これ40年前ですよデザイン。
もちろんポインターやウルトラホークのカッコヨサは今さら言うまでもありますまい。
アンミラの制服も70年代のデザインだそうですが、やっぱり70年代を持って人間生活のバラエティって出尽くしちゃったのかもしれませんね。あとはループで。

で、生活から離れてどこへ行くかというと、宇宙へ行きたかったんだけどそれはどうもムリっぽい、金に行ってみたけど、これなんにもなんねえや、自然に還れっていうのもなんか違うしね、じゃ脳(ネット)かな、っていうのが今かな。
フロンティアが無ければ夢が無い。

でもホントは、生活に密着してるところにこそフロンティアがあるような気もします。
今セブンが居たら、怪獣は人間がなんとかするので、駐車違反を取り締まってもらったり、不正な株取引が行われないように監視してもらったり、W杯のチケットをちゃんと取ってもらったり、そんなことをお願いしたい。
エレキングよりスーパーのアンパンに針入れるヤツの方がよっぽど危険です。

セブンというのはマンが大ウケしたにもかかわらず赤字だったおかげでコストダウンを迫られ、それが逆にアクションの少なさ→ドラマの濃さとケガの功名だったようです。あの兄弟一華やかなデザインも、スーツアクターの方が標準日本人体型つまり寸胴短足だったがゆえに上半身に視線を集める策だとか。(マンのアクターの方はそういえば8頭身で、立ってるだけでカッコイイ)
制限は必ずしも不幸ではない。

●あとはマルタ戦を観て多少不安になったりならなかったり。
まあ、日本相手に引いて守るチームはないと思うので、あんまり参考にはならんかもしれけど、ちょっとスンシュケが効いてなかったのが気になる。ま、あの人はバラつく人だから。

もうなんかね、今週末から始まるかと思うとなにも手につかない。

……そうか! W杯病か!

♪ぱーぱぱぱぱーぱー ぱー ぱぱぱー

●で、
脳内アンヌ隊員をイラストにしてみたのですが、円谷プロは非営利webぐらい大丈夫ですよね?
怖いところは怖いから怖い。

ああ……そういうの全然気にせず好きなことできるサーバをマルタ島ドメインかなんかに持ちたいねえ。
いやどこのドメインでも気にしてくださいそういうことを。

絶対僕だと判らないようなペンネームでさ。
「リリー・フランキー」みたいな実体がパッと想像できない感じの。

「ホッピー・ホルモン」とかどうかな……

やすっ。
posted by ながたさん at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イラスト

2006年06月04日

「座り込む女」

Photo_3


昨日ミスタードーナツへ行ったら、「レアル・リカちゃん」キャンペーン中でした。
レアル・マドリードのユニフォーム着たリカちゃんが限定5000人。

まったく、サッカー+可愛い女の子なんて、なんて安直な企画だろう。

前回があっさりでしたので今回はこってりで。
絵柄? なにそれ?
posted by ながたさん at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イラスト

2006年05月30日

「突っ立つ女」

100


こないだの色鉛筆が楽しかったので、それをPC上でやってみようとした。
失敗した。
おばちゃんアナログ人間やから……
ほのぼの色ばかり集めたパレットとかないものかのう。
posted by ながたさん at 06:00| Comment(5) | TrackBack(0) | イラスト

2006年05月12日

色鉛筆

Photo_2


涼しすぎる応接間でうたたねしてしまい、なんとなく風邪気味なので、なんとなく色鉛筆とたわむれてみました。
色鉛筆いいなあ。
posted by ながたさん at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イラスト

2005年08月24日

平野エレーナ

20050824

久々にエレ……
posted by ながたさん at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | イラスト

2005年04月15日

廃人

20050414
口笛はなぜ遠くまで聞こえるの?
posted by ながたさん at 05:42| Comment(2) | TrackBack(0) | イラスト

2005年04月12日

現実逃避

20050412
シュークリーム魔人。
posted by ながたさん at 04:28| Comment(6) | TrackBack(0) | イラスト

2005年04月10日

10日

20050410

カレーン此花〜
……はじめてのimg投稿。うまくいくかしらん。
posted by ながたさん at 22:47| Comment(7) | TrackBack(0) | イラスト